FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

母と暮せば 1

お元気ですか

11月、東京での用事を済ませた翌日に新幹線に乗り函館に帰省した。母を迎えに行くためだ。父が亡くなり一人暮らしをしていた母も電話での声は気丈だが、様子を一つ一つ確認すると家の中で歩くのも不自由になって来ているようで食事も一部通販を利用しているらしい。空き家になるのが嫌で不動産屋に依頼し売却が済んだら母に来てもらおうと思っていたがどうやらそれを待っていられないようだ。
父の最後は全て母が世話をしていた。母を何時迄も一人で暮らさせることは私の気持ちに添わない。もし急な事態になったならば申し訳ないとか残念だという言葉では表されない自責が私に残るだろう。母の為だけではなく私自身の為に一緒に暮らさなければならないと思った。

函館の家に午後着き、引っ越し作業の日程、市役所への手続き、ガス電気水道電話などの停止と利用している通販の住所変更など必要な作業の確認をする。幸い一週間の休みをとって来たけれど全て私とパートナーさんとでやらなければならない。段取りが大事だ。そして今回は引っ越しの第一段階として当面の生活に必要な物を選び送る作業と第二段階の次回に引っ越し業者に依頼して運び出す物、空き家になる際清掃業者に依頼するものなどを確認する作業も同時進行だ。
いつもなら函館のレストランや寿司屋に毎日出かけ食事を楽しむのだが、今回は母が冷蔵庫にため込んだ食品を可能な限り食べ、廃棄しなければならない。ゴミ収集の日程も確認しながら冷蔵庫の掃除から始める。三食を考え作るのは苦にならない。冷蔵庫を覗くと年寄りの一人暮らしの様子が見えてくる。結構な食材が入っているのは母の嗜好だが、食べきれないであるのは買い物に行けず必要以上に買い込むからだろう。スーパーに毎日行ける私たちの冷蔵庫とは事情が違う。
今回気づかされたのは「美味しいね」という母の言葉だった。私たちの料理が上手いから美味しいという話ではない。母は「一人で食べていると美味しいと感じない。味がしない。」という。生きるために食べはするが味を感じないという。だから料亭の名をかかげた通販の食品を買ったりするのだそうだ。申し訳ないと思った。そして私の料理を美味しいと言う母に感謝した。これから一緒に暮らして行くための一つのチェックを超える目処がたった気がした。

函館に暮らす親戚に挨拶し、仏壇の前で食事をしながら昔話をした。これまでも会うと何回も出てくる話だがそんな繰り返しも嬉しい。同席した従兄弟は私とは逆で親の世話をするために函館に帰った男だ。仲の良い従兄弟だが立場の違いや背負うものの違いもあり選ぶ道は違う。

函館を離れる日、近所の方や区長さん、不動産屋さんに見送られながらタクシーに乗った。区長さんは母が書いた絵や家にあった本、様々な道具類を学校や公共施設に寄付したり飾る仲介をしてくださるのだそうだ。急に事情を知らされた私は驚いたが家にあったものがどこかで役に立つなら嬉しい。

新幹線を乗り継いで家についた母は疲れた様子を一切口にせず気丈だ。私はこれからどれだけ母に「美味しいよ」という言葉を言ってもらえることが出来るだろう。高校卒業以来離れて暮らした母。当たり前のことだが母と一緒に暮らした時間など思えばわずかなものでしかない。それでも母親と暮らすことの意味を考えながらこれからの時間を刻んでいくのだろう。



スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google