FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

交通事故

お元気ですか?

成人式の日曜日、京都に出かけるため早朝6時半車で出かけた。まだ薄明かりの町は車も少なく町は目覚めていない。ライトを照らし街道を駅に向かう。登りの坂道にさしかかると中央分離帯に車が乗り上げているのが見えた。反対側の車線だが向きは逆向き、逆走でもしたのだろうか。車の中に人の姿は見えないので処理中なのだろうかと思いながら信号で止まると、後ろから男性が歩いて近づいてきた。私の車は三車線の中央。サイドミラーに映る男性は車道を歩いて来るが足もとがあぶなそうだ。私はハザードを点滅させ車から降りると男性に近づいた。男性の目は少し朦朧としているようだが大きな怪我はないようだ。見ると口の周りに血がついているのできっと中央分離帯に乗り上げた際にハンドルに顔を打ったのだろう。
男性は「乗り上げちゃって」と言いながら近づいて来た。私は「危ないから座って」と分離帯の方を指しながら男性を静止し車の方へ誘導した。

交差点なので少しづつ車が溜まってくる。私の車に続いて止まってた車は立ち去って行った。どうやら男性はまだ警察に連絡していないようだ。私が電話しようと思った矢先、パトカーが近づいて来るのが見えたので手を振り上げて合図をした。パトカーは停まり、助手席から警察官が降りて事故車両に近づく。運転席にいた警察官に、「通りかかったら声をかけられたので、お願いします。」と伝えると頷いて「もういいよ」という顔をするので私は車に戻り離れた。

どうすればああゆう乗り上げ方をするのだろう、と状況を考えるが想像もつかない。坂の上、十字路の交差点。少し下がったところに斜めに道があるがそこから進入するのは道と逆になる。そうすると交差点から入り中央分離帯にぶつかり乗り上げながら車体が逆方向をむいてしまったのだろうか。でも小型の車でスピードを出しそうにもない60代後半ぐらいの男性だ。
事故調査の専門家なら判るのだろう。男性は意識もあるから自損事故で処理されるのだろう。標識を壊したような事も無かったから補償もないだろう。

そんな取り止めもない事を考える。警察車両が何台も続いていたから私が止めたのは中央警察暑からどこかへ向かう車だったのだろう。幸いだった。

ではまた。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google