FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

道場の練習方法(その2)

お元気ですか?

いよいよ雪のたよりが届く季節になりましたね。
雪の多い地方では、ウインタースポーツ以外にも
色んな楽しみが広がりますね。
でも、交通事故のニュースは痛ましい…
皆さんもどうぞお気をつけください。

さて、道場の練習の仕方について「気になっています」って書いたら、
早速ご報告いただきました。

yasuko☆のきときと生活yasuko☆様です
有難うございます。

道場の使い方って、先生の意向や会員さんの協力が大切ですね。

最近は伝達講習会などで矢渡し・介添えの指導も多くなってきました。
四段受審から着物の着用も広がっているようです。
(私が五段を受審した時は、胴着でしたけどね)

審査に向けた体配の集中練習や肌脱ぎ、襷がけの練習なんかも
yasuko☆様の道場のように、曜日を決めて定期的にやるのも
弓友さんの意識付けにはいいことですね。

私は、体配の練習も射技練習と同じくらい好き!
息合いがきちんと決まって出来たときには、凄く気持いいですよね。


以前、茶道のお稽古に通っていたとき、(引っ越したので今は中断しています
先生から、「着物をもっているならお稽古にも着ていらっしゃい」 と言われた事があります。
もともと着物は大好きですから、早速そうしたのですが、
これがとっても良かった。

「どうお、着物を着てお稽古すると所作の意味がわかるでしょ!」
なるほど、着物を着て生活していた日本人が育ててきた茶道です。
考えて見れば当たり前かもしれませんが、とっても納得でした。

弓道も同じですね。
執り弓の時の手の位置は腰骨ですが、帯位置に関係します。
膝行(しっこう)や跪坐の足は袴に関係します。
全部意味があるのです。

そんな大切な事を教えてくれる服装です。
大切に考えたいですね。

ではまた。
スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google