FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

極付 国定忠治

お元気ですか?

「極付 国定忠治」(昭和55年・1980年)を観ました。
「赤城の山も今宵を限り、生れ故郷の国定の村や…」で有名なお芝居です。

NHKの昭和の演劇シリーズですが、
こうゆう芝居をしっかり放送してくれるところがいいですね。
と思ったら、NHKではこのお芝居のDVDも販売していました

解説の渡辺保さんは私の演劇の先生みたいな人で、
(といっても本やTVでお話をうかがうだけですが)
歌舞伎も現代劇も渡辺さんの解説を幹として観て来ましたから、
とっても安心してふむふむと聞き入ってしまいます。

演劇のお好きな方でも、どうなんでしょう。
歌舞伎、新派、新劇、新国劇、現代劇・・・
色んなジャンルがあってファン層の分かれるところなんでしょうかね。

私はどれも大好き!

澤田正二郎によって結成された新国劇は歌舞伎に比べて分りやすいストーリーと派手な立ち回りで大衆演劇として花を咲かせます。所謂、時代物が売りで男性客が圧倒的。
『月形半平太』、『国定忠治』、『大菩薩峠』などが看板演目というのも分ります。

澤田が急逝した後は、島田正吾・辰巳柳太郎がスターとして戦後全盛期を迎えますがTVや大衆娯楽の変化に客足は減り、経営難もあって1987年、創立70周年記念公演を終えた後、解散しています。

ですから、このNHKの「極付 国定忠治」は本当に貴重な映像なんですね。

新国劇という名前は使っていませんが、今、劇団若獅子が伝統を継承し、
新作も発表しながら活動をしています。

実は、私 平成元年に上演された、

劇団若獅子
「 極付  国定忠治 -才兵エ茶屋より小松原まで- 」
「 ご挨拶 -剣舞 春夏秋冬 」
を確か、三宅坂の国立劇場で観ています。

やぁ、小屋全体が熱気で沸き立つ凄いお芝居でした。

一つには、解散した新国劇をなんとか立ち直らせようと
劇団の皆さんが必死になっている姿、
それこそ、心の中から涙を流して演じているのがひしひしと伝わってきます。

そして、観客の皆さん。
食い入るように見守る皆さんが、芝居を続けて欲しいと祈るように観ているんです。

その双方の思いが劇場の中を異常なまでの熱気に包み込んでいました。

朝丘雪路さんの踊りと、口上もあって、それはそれは、感動です。
劇団若獅子を育ててください・・・と熱くお願いしていました。
せり出しで踊る朝丘雪路さんを、私は手の届く距離で見ていましたが、
素足におしろいを塗っているんですね~。
今でも、朝丘さんの迫力ある踊りが、記憶に刻まれています

時代とともに芝居も変わります。
でも、型や様式美を伝統にもつ歌舞伎も新しいものを取り入れながら生き、
新しい観客を得ています。
歌舞伎を飛び出して生まれた、新派や新国劇。

日本人の心の琴線にふれる、あったかいお芝居が沢山あります。
ぜひ、これからも、上演を続けていただきたいと思いますし
観るほうの私たちも、いいお芝居は応援したいですね。

劇団若獅子! 応援していますよ

新国劇 極付 国定忠治 [DVD]新国劇 極付 国定忠治 [DVD]
(2008/11/21)
辰巳柳太郎島田正吾

商品詳細を見る

スポンサーサイト



テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google