FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

どくとるマンボウ航海記

お元気ですか?

懐かしい本を読んでみました
北杜夫さんの「どくとるマンボウ航海記」です。

懐かしい…と言いましたが、実は読んだのは初めて。
私が小学生~中学生の頃大変なブームになって、
従姉妹がめちゃくちゃはまっていたんです。

へそ曲がりの私は、同じお仲間さんの吉行淳之介を読むんですけど
結局、マンボウシリーズは全く読まないままになっちゃった。
でも、ずーっと心の隅にひっかかってたんです。

『夜と霧の隅で』や『楡家の人びと』は読んでいたから
全く近寄らなかった訳ではないし、
阿川弘之さんを通じて斉藤家の皆さんに親しみを感じていましたけど…

そして、とうとうお会いしました。

水産庁の船に船医として乗り、世界を巡った航海記ですけど
日本人としては珍しい、洒脱な文章と独特の観察眼…
今読んでも、面白いですね。

自分の旅の思い出と重ねてみながら、ふむふむって…



今回読んだ新潮文庫は昭和58年の43刷、定価が280円。
Amazonで見たら、420円でなんと1.5倍のお値段です。

学生のころは、「パン買うからお金頂戴…」って言っては
文庫本買ってたけど、本も高くなりましたね。


どくとるマンボウ航海記 (角川文庫)どくとるマンボウ航海記 (角川文庫)
(1996/11)
北 杜夫

商品詳細を見る



スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

^^

学生のころは、「パン買うからお金頂戴…」って言っては
文庫本買ってたけど^^普通は本を買うからと
言って他の物を買いそうだけれど^^;;

「どくとるマンボウ航海記」題名も北 杜夫さんも
ついでに齋藤茂吉さんも知っているけど読んだ事は無いです。

確かに昔、流行った気がします。

買い物が苦手で…

みみ様、コメント有難うございます。
可愛いひな祭りはいかがでしたか?

そうゆうものですか…
学校帰りに、本屋さんに寄って漫画本を立ち読みして
文庫本を買って帰ってくるのが、私のパターンでした。

北杜夫さんは流行りましたね。『船乗りクプクプの冒険』なんてゆうのもありました。
お仲間の遠藤周作先生や阿川弘之先生は
ネスカフェのTVコマーシャルで「違いの分る男」なんてゆうのに出演もしています。

斉藤茂吉先生は天才肌の歌人ですし、
奥様は世界旅行の達人、
長男の茂太先生の飛行機好きは有名ですね。

3月。今月こそはみみさんに会いにゆくぞ!

こんにちは!

北 杜夫さんのどくとるマンボウ航海記は知ってはいましたがまだ読んだ事はありません。
本は大好きでかなり読んではいるのですが、ひとつの作品に感動すると、同じ作家の作品を追っかけてしまいます。
なので、失敗も数多くあるのですが・・・
感動して読んだ作品の後に、全然違うタイプの本があったりして・・・
でも一応最後まで諦めずに読み続けます。

そうですね、若かりし頃に戻って、どくとるマンボウ航海記にチャレンジするのもいいかもしれませんね!

こんにちは~

「どくとるマンボウ航海記名前は聞いたことありますが
読んだことはないですね~

本屋さんに行く機会があれば探してみます。

私も追っ駆けます

けい様、コメント有難うございます。
私も一人の作家に集中します。(決してコレクター的性格ではありませんが)
そして、「あとがき」とか「解説」とかから、別の作家に渡っていきます。
気がつくとすっかり好きになっている作家さんも
最初の出会いってドラマチックですね。


本屋さんって

紅葉さま、コメント有難うございます。
本屋さんて、楽しいですよね。
好きなジャンルの本、平台に積まれた話題の本…
飽きない場所の筆頭でしょうか… 人との待ち合わせにも便利です

最近は、出替わりが激しい出版業界ですが、
良い本屋さんはお店のお薦めが展示の仕方に見えたりします。
是非、お散歩のついでにでも、本屋さんにお立ち寄りください。
ぶらっと入って、眺めて出てくるだけでも楽しいですよ。

はまってました

杣人さま、こんにちは。
先日ごあいさつした「けい」です。
同名の方がおいでのようなので
こちらでは「けい2」にしますね。

どくとるマンボウシリーズ、懐かしいですね。
ほぼ30年前、どっぷりとはまってました。
かなり変色した新潮文庫が実家に残ってます。

またおじゃましますね。

有難うございます

けい2様、コメント有難うございます。
マンボウシリーズは凄い人気でしたね。
50年前に書かれた航海記ですけで
今読んでも面白いですね。

こちらこそよろしくお願いします。

アハハ!
私もみみさんと同じコトをまず思っちゃいました~。
「パン買うからお金ちょうだい」じゃなくて「本買うからお金ちょうだい」→食べ物を買う…でしょ!って( *^艸^)

「どくとるマンボウ航海記」はタイトルだけ知っています。
子供ができてからはなかなか本を読む機会がなくなってしまい、ここ最近まで文庫本なんてほとんど読んでいませんでした。
最近少し読むようになりましたが、読み始めると止まらなくて、読み終わるまで眠ることができません。
何度か寝る前(1時か2時頃)から読み始め、読み終わったのが4時前だったことがあり、4時に起きてお弁当を作っていますので、そのまま起きていたこともあります。

本を読む…っていうのはいいことだなぁ~とつくづく思います。
子供たちにもいろんな本を読ませたいですが、活字離れしてしまってて……。

あれ、そうなんだ…

れんさん、有難うございます。
「部活で遅くなるからパン代頂戴…」って言っては
二個買うパンを一個にして… 
でも、本箱にどんどん本が増えていきますから、親にはバレバレです。

子供の頃は学校の図書館から1日1冊借りてきては勉強もせず
寝るのも忘れて読んでいました。

忙しいと本を読む時間も取り難いですね。
気持ち的にも落ち着かなかったりもしますし。

本好きなお母さんなら、お子さん達も本読みさんになりますよ。
親子で本の話の出来る家庭っていいですね。




杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google