FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

さよなら「富士・はやぶさ」

午後のTVニュースで、
今日でブルートレイン「富士・はやぶさ」の運行が
最終日であることを伝えていた。

上野から札幌を目指す、北斗星やカシオペア
大阪から日本海を北上するトワイライトエクスプレスなど
豪華な個室寝台車で人気を得た列車とは別に
「富士・はやぶさ」は利用客の減少に苦しんでいた。

子供の頃から寝台車を利用して旅をしてきた私も、
関西方面に寝台車をつかう機会が無く、一度は乗りたいと思っていた。

そこで、九州に出張を作り出かけることにした。
年配の同僚で、気心の知れたTさんにも同行してもらうこととし、
切符を手配した。

Tさんのお父様は国鉄の要職を勤めた方、
鉄道はもとより大人の遊び心溢れるおしゃれな人。
家族パスで列車も乗り放題だったから、列車の遊び方も心得ている。

仕事を終え、東京駅の地下で待ち合わせ、デパートの食品売り場で
おつまみになりそうな具いっぱいの弁当とお酒を買い込む。
私はワインを選び、彼は焼酎を選んだ。

「富士・はやぶさ」には食堂車も無く、車内販売もなくなっていた…

列車に乗り、席につくが、同じハコに他のお客さんは一人しかいない。

遠慮は無い。弁当を広げ、酒盛りをはじめる。
Tさんの若い頃の話、大学生の頃のジャズ喫茶でのアルバイト
実家の町での就職と東京転勤。
先輩に誘われてはまったスキューバダイビング…
Tさんの広範な知識と同様に経験がそのまま彼の姿を作っている。

ひとしきりおしゃべりをし、食べたのでサロンカーを覗いてみる。
自動販売機と椅子があるが、利用客は3人ほどしかいない。
そりやそうだ、椅子が置いてあるだけではサロンではない。
覗くだけにして、戻り、寝酒をいただいて寝ることにした。

朝、広島の手前で目が醒めた。
瀬戸内海を通路の折りたたみ椅子に腰かけながら眺めていると
Tさんは亡くなった友人の事を話し出した。
「この近くの出身だったんだ」と。

下関に着いたので、私はホームに降り「ふぐうどん」をTさんに薦め、
彼は私の熱いお薦めに笑って付き合ってくれた。

小倉を通過し、博多で降りる。
東京を6時に出て、朝の10時に着いた。
これから会議を一つ、その後知り合いの天ぷら屋さんで遊ぼう。

*********

Tさんはもういない。

一緒に「富士・はやぶさ」に乗った2年後、私は職場を辞め、
残ったTさんは私の分まで忙しくなっていった。
そして、肺癌で亡くなった。
癌と気がついてから、半年だった。

ジャズバー、場末の居酒屋、古本屋遊び…
共通の話題の多かったTさん。

「富士・はやぶさ」は、Tさんの思い出と一緒に私の中に生きている。

会って一杯やりたいな。

「富士・はやぶさ」とTさん。 楽しい時間を有難うございました。

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

おはようございます。

夜行列車もだんだんと姿を消していきますね~
わたしも夜行列車に乗って旅したかったな~

思うだけで実行できませんでしたが・・・
素敵な思い出をお持ちなんですね(^_-)-☆

昨日はTさんとおっしゃる方も「富士・はやぶさ」の最後の走る姿みていらっしゃったとおもいます。

いつも一緒

紅葉さま、おはようございます。
廃線や青函連絡線、姿を消す寝台列車…
多くの人の生活に利用されたものが消えてゆくのは寂しい。
環境の変化、経済事情があってのことですから、
残してって云うことは出来ませんが、
せめても、自分の胸にある思い出を大切にしたいですね。
幸い、思い出は結晶作用で、綺麗に残るもの…

沢山の体験をして思い出をいっぱい作れば、綺麗なものに囲まれます。

こんにちは

こんにちは。
ブルートレインを懐かしみ訪問させていただきました。素敵な思い出をお持ちでいらっしゃいますね。
パートナーさんとのお料理のページなども拝読し参考にさせていただきました。ありがとうございます。また訪問させていただきます。

有難うございます。

ふとかつ様。お越しいだだき、恐縮です。
料理のページ?…お恥ずかしいかぎりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちわ。

私の大昔の話しですが、
高校の修学旅行が九州でした。
帰りは宮崎から大阪まで寝台列車だったんです。
早朝に大阪駅についた時、
学校に残っておられた先生がお迎えに来て下さってて、
旅の最後にとてもうれしかった思い出があります。

私は寝台列車はそれっきりですが、
出張の多かった夫は東北方面によく利用していました。
需要と供給、難しいのでしょうね。
最後だといえば騒ぐのもどうかとも思いますが、
せめて最後ぐらい、騒がれて終るのもいいのかもしれませんね

有難うございます。

緋沙子様、お越しいただき有難うございます。

宮崎は修学旅行や新婚旅行のメッカでしたね。
迎えてくださった先生の姿にうれしいと思う… 素敵な思い出ですね。
自分に帰るところがあることを知ること”は旅の喜びですから

飛行機がまだ高価だった頃、長距離の移動は列車でしたから、
遠方への出張には寝台列車でしたね。

「富士・はやぶさ」で皆さんの素敵な思い出に接することが出来、
私もとても幸せな気持になっております。

はじめまして、こんばんは。
訪問ありがとうございます。
いいお話ですね。
ブルートレインは
色々なところでドラマを生んでいるのですね。
タイトルに弓道のお話とありますが
私も昔やっていました。
またお伺いします。
応援ポチしていきますね。
では。

こんにちわ

さすらい様、ご訪問いただきありがとうございます。
ブルートレイン…皆さん色んな思い出を持っていらして、
お話を伺いちょっとほんわかします。

今後ともよろしくお願いします。
私も寄らせていただきます。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google