プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

乳癌…早期検診 4

お元気ですか?

よくお邪魔しているきゅうぞう様が、乳癌の早期検診を呼びかけていらっしゃいます。
検診をすることで、「早期発見、早期治療」が可能となり、
もし、癌が発見されたとしても、治療や生活が全く違ってきます。

私とパートナーさんの乳癌体験をお伝えし、皆さんに早期検診をお勧めしています。
多くの方に、乳癌治療の一例をご覧頂、検診に行って頂きたいからです。

今回のシリーズをお読みいただいている方、コメントを寄せて頂いた方、
心からお礼申し上げます。
重たいテーマにストレートなコメント(非公開も)は心に響いて、
さらに色々な問題を考えさせられています。

早期の発見により比較的軽く済んでいるパートナーさんの乳癌治療です。
それでも、手術や放射線治療は必要でした。
多くの方にお読みいただき、早期検診への参考にしていただければ幸いです。


***********

健康診断や癌検診に行くのを躊躇する理由はなんでしょうか?

①病院が嫌いで行くのが億劫。
②忙しくて時間がとれない。
③評判の良い医者の情報など、どの病院がいいか分からない。
④もし癌が見つかったらと思うと怖くて行く気になれない。
⑤男性の医師、技師さんだと恥ずかしい。
⑥マンモグラフィーは痛いと聞いていて躊躇する。
⑦費用は出したくない、出せない。
⑧癌家系ではないし、まだ若いから大丈夫だと思っている。

私はこれらの「行かない理由」を否定はしません。
それぞれの方に個別の思いがあり、他人はそれを推し量ることが困難だからです。
パートナーさんの場合は癌家系だという思いがあったため、癌検診は予定されたことでした。
近所の親しい方に評判の病院を聞いたり、市の広報を見たりして情報を集めます。
幸いに市の無料検診は一年おきに癌検診でマンモグラフィーがありました。
自費で検査するとなると、やはり負担になります。

「早期検診」といいますが、結果的に早期に発見できたということで、
無料の癌検診が次の年だったらと思うと、本当にラッキーだったとしか言えません。
でも、そのラッキーも検診を受けたからなのです。

では、家族の立場からはどうでしょうか。

①大切な家族が癌なのかどうか分からない不安。(診察前)
②通院や入院手術、入院治療などへの協力。(生活面での制約)
③継続的検査、治療にともなう不安。(精神面でのケア)
④経済的問題。
⑤なによりも、一緒に笑顔のある豊かな生活を求めることにブレーキのかかる悔しさ。

私の場合は、パートナーさんが自分から癌検診に積極的でしたし、私にも勧めていました。マンモグラフィーで影が見つかってからは病院にも一緒、医者の説明も一緒に受けました。幸いに仕事なども調整が出来たので可能でしたが、多くの人の場合、そうは行かないでしょう。
すると、“一緒にいてやれなかった”という自責の思いになってしまうかもしれません。

また、通院や投薬による治療が長く続けば、精神的に不安定になることもあります。
じわ~っとしたいらいらや、ぶつけようのない怒り、悔しさ…そういったものを抱える患者と見守るしかない家族。そうゆう関係が家族の崩壊を招く場合だってあるのです。

私たちは、お互いを尊敬し慈しみながら家族として支えあい成長し、楽しい生活を送ってゆこうとしています。

それが一転、癌と戦うという予定していなかった事が起こるのです。
しかも、だれも責める事はできません。不摂生がたたったとか、自己管理を怠ったとかいうなら、まだしも、患者さんにも家族にも、何の落ち度も責任も無いのです。
人にとって、責める相手のいないことほどやり場のないことはありません。
この事も、患者と家族の心を不安定にしてゆく原因の一つです。

癌に限ることではありませんが、長期の治療を要する闘病では
患者さんはもちろん、家族にも心のケアが必要になります。

さて、経済的問題に触れておきましょう。
市民検診などで無料または安く出来る検診はお勧めです。
自己負担による検診は内容にもよりますから、金額も様々でしょう。
これは経験が無いので申し上げることができません。

でも、検診にかかる費用より、治療にかかる費用の方が高く、
癌が発見された場合、遅れれば遅れたほど費用は高くなります。
つまり、検診は無料であれ、有料であれ早いほど費用対効果は高いということ。
お得だということです。

これまでかかった費用をご紹介しておきましょう。

東京M市での検診      4,910円(初回は市民検診で無料)
転居後H市での検査    26,240円(MRI・細胞診、入院前の健康診断など)
入院・手術         200,100円(差額ベッド、食事代など 期間7日間)
放射線治療         126,500円(25日間、期間中の血液検査)
その後の診察            420円(2回)
合計             358,170円       

パートナーさんの場合、全ての費用を保険会社の癌保険で賄うことが出来ています。

いかがでしょうか。
現在、パートナーさんは病院に通院することも無く、半年に一回、担当のお医者さんの診察を受けることになっています。長期の旅行もへっちゃらです。
手術で癌細胞の周り、直径9㎝の肉片を削除しましたが、乳房も見た目で違いが分からないくらい。脇の下にある傷口も小さく、覗き込まなければ気がつかないでしょう。
毎日スポーツジムに通い、私と一緒にエアロビクスやヨガを楽しんでいます。

「早期検診・早期発見」による治療の結果に他なりません。

私とパートナーさんは、今回、ブログでお付き合いいただいているきゅうぞう様の思いにふれ、自分たちの「乳癌体験」をご紹介しました。
きゅうぞう様に感謝とエールをお送りいたします。病気と闘う全ての人にも。

一人でも多くの方が早めに検診に行かれ、癌の不安から解かれること、
たとえ癌が見つかったとしても、家族とともに向き合い、癌との戦いに勝たれるを願っています。


早期検診・早期治療は、貴方とかけがえの無い家族の希望を守ります。

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメント

Secret

本当に有難うございました。

今までの、様々なお辛い思いを呼び覚ましてしまったのではないかと危惧しています。
家族からの目線はわたしも学ばせていただいたり、
主人の気持ちを間接的に知る事ができたりと、たくさんのことを考えさせられました。
わたしの文章は直情過ぎ、しかも恩着せがましいところがあり反省しきりです。

杣人さんご夫婦は、常に前向きな姿勢を失わず歩いておられます。
わたしも見習わなければと思います。
これからも宜しくお願い致します。

こちらこそ。

きゅうぞう様、ブログをはじめたときにはこんな形でよそ様と交流することは予想もしていませんでした。今は閉じられた弓道をされている女性のブログできゅうぞう様を知り、乳癌を患われている方の気持ちってどうなんだろう、パートナーさんの気持ちを理解する助けに…と、お邪魔し始めたんですよ。
今回の記事は「思い出して辛い」ということは無かったので大丈夫。
いずれまた病気や病院のことなど、色々なこと書いてゆきましょうね。

私、きゅうぞう様のブログ好きですよ。直情的?いいじゃないですか。等身大で書かれていて、楽しく読めます。
笑顔の下には、真剣な生き様がある…そうゆう事がわかるかどうかは読み手の問題ですからね。どうぞ、これからも竜馬様や息子さんや彼女さんの活躍、それにご主人の突っ込み!いっぱい読ませてくださいね。
多謝。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google