FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

長篠の戦い

お元気ですか?

穏やかな日が続くGWですが、
今日は愛知県の新城市にお出かけです

道場で練習をしていたら、掲示板に「長篠合戦のぼりまつり 弓道大会」とあります。
せっかく当地に越してきたのですから、
地域の行事は経験してみるのも楽しいですね。
出かけることにしました。

天正3年(1575年)5月、武田信玄亡き後、息子勝頼は長篠城を攻め、
織田信長と徳川家康の連合軍がこれと対峙します。

日本史の教科書にも出てくる大きな戦・・・
そんな長篠の合戦を冠した弓道大会はどんなものなのでしょう。

朝、いつもより少し早めに起き、
朝食のおにぎりと昼食のお弁当を持って出発です。
地理が不案内なのですが、カーナビがあるからOK!
なんと、1時間で着いてしまいました。

長篠城址史跡保存館に作られた臨時の射場での大会。
地元の弓人さんが、会場の準備・受付をしています。
受付をしたら、参加記念品にチャーミーグリーンをいただいちゃった
参加費無料なのにお土産つき!ありがとうございます。

200905041.jpg

開会の挨拶の後、矢渡し。
「矢渡し」というのは、射会の前に必ず行われ、
"この道場は間違いなく弓を射ることができますよ・・・”って示すんです。
通常、会の責任ある立場の方が射手や介添えを務めます。

今日は、3人の方により行われました。

200905042.jpg    200905043.jpg

射場は半分野外のようなもの。
駐車場スペースにござを引き控えとし、射場は板を置いて作ってあります。
垜は土を盛り上げたもの。かろうじて幕を張れる柱がありますが・・・

野外で引く弓は「野立ち」、土を盛り上げた垜も「ぼた山」などと言い、
小さなぼた山に的を一つかけて何人かで狙う、そんな競射もあります。
なにも立派な道場が無くても弓は引け、射会も出来るんです。

近隣から、62名の参加。
観光客もすぐそばで見ています。

小さな金的を狙うのを先頭に、一手(甲矢、乙矢の2本)5回の10射で競います。

結果は
×× ○○ ×○ ○× ○× 5/10 
中りは残念で入賞もできませんでしたが、
お祭りなのでお酒をいただきながら、歓談しながらの楽しい射会です。
今日は難しいことは無しにしましょう。

200905044.jpg

ほら、戦国武将ののぼり旗もきれいでしょう。

お昼時間には、城址の芝生の上でお弁当広げたり、
長篠城址史跡保存館の中を見学
戦の流れがよく分かるパネル、甲冑や弓も展示されています。
しかも、「弓道です」って断ったら、無料で見学させていただいちゃった。
長篠の皆さん、有難うございます。
御もてなしの心に感謝です。

射会も楽しく終えたので、
ちょっと足をのばして「設楽原決戦場」に向かいます。
ここにも立派な歴史資料館があり、甲冑や火縄銃が展示されています。

200905046.jpg

設楽原の決戦場というのは、勇猛な武田の騎馬隊を
織田・徳川が「馬防柵」で防ぎ、鉄砲隊で迎え撃った戦いです。
連合川に沿って2㎞以上に柵を幾重にも建てて防ぎます。

武田軍に立ってみれば、上の写真のように川の向こう側に柵が続きます。
手前には川が流れていますから、それを超え、さらに柵を破らなければなりません。
それでも、20騎ほどの勇者が3重の柵を越えて中に入ったといいます。

200905045.jpg

こちらは柵の内側、織田・徳川方は柵の内側から鉄砲を出して迎え撃ちます。
誘い込んだ布陣ではあるのですが、
背後は山ですからこちらも退路はありません。
兵隊の必死な気持ちが434年の時を越えて伝わってきます。

200905047.jpg

帰り道、「中央構造線長篠頭」という処に寄ります。
といっても、長篠大橋の上から眺めるしかないのですが、
長野県の諏訪湖から、長篠を通り、伊良子岬、紀伊半島、四国、九州へ続く
日本最大の大断層が橋の下、寒狭川のところで地上に露出し、
圧砕岩を300mにわたって見ることができます。

地質学好きの私にははずせない風景…
でも、パートナーさんは橋の上までは一緒に行ったものの、
下を覗くことができません。高いとこ苦手なんです。
もったいないなぁ~。

さぁ、時間もちょうど良い。
道の駅で地の野菜とうどんを買って帰ることにしましょう。

なんたって、今日の「長篠の合戦」。
パートナーさんがいろんなことを解説してくれました。
一家に1人、日本史好きの人がいると旅行が楽しいですね。

ということで、私が夕ご飯に野菜たっぷりうどんを作りましょう。
敗戦の兵ですから、食事当番でもしなくっちゃね。
スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

こんにちは~

あら~わたしも日本史好きですよ~
フナとかメダカ・鮎とかいそうな川ですね(^_-)-☆

紅葉するときれいでしようね~
楽しい時間を過ごされて良かったですね。

紅葉さま、こんにちわ

私も歴史は好きですけど、
パートナーさんは事柄と人物がとても整理されていて、
解説聞いていてもとっても分かりやすいんです。

地域の歴史、文化に触れる生活って本当に楽しいですね。
5日には火縄銃を撃つイベントなんかもあり、
それはそれはにぎやかなお祭りが模様されるようです。

楽しそうな射会、わたしも参加してみたいものです。

こんばんは!
弓道大会といっても、様々な射会があるのですね。
こういう楽しい面も表に出して広めていかれれば、
日本人の心も繋げていける、そんなふうに感じました。
最近は、どこか物事がズレていってるような気がしています、
わたしの考えすぎですね。(汗

わたしも日本史好きですが、パートナーさまのように詳しく解説はできません。
質問しても即座に答えて下さるのでしょう?
わたしは、そういう方、尊敬致します。
旅にも妙味を添えて、尚、楽しいことでしょう。
我が家には・・・
車と、バス釣りなら詳しく解説できる人がおりますが・・そんな知識はいらな~い。(笑

弓の楽しみ

きゅうぞう様、コメントありがとうございます。

弓道の大会って色々あるんです。
学生の大会のようにひたすら中りを求めて、トーナメントを勝ち抜くもの。
全日本のように、射の品格を求めて、中りと美しさの一致を目指すもの。
今回のように、弓友集まって楽しく饗するもの・・・
どれもが弓道です。

パートナーさんの歴史話、本当に関心します。
旅のお供にいかがですか?

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google