プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

愚痴の効能 2

お元気ですか?

11月最初の土曜日。ちょっと用事が出来たので東京へ日帰りのお出かけ。
雪を被った富士山が見られるかな?ってちょっと期待しながら
お気に入りの由比を走ってゆくと。



どうです? 思っていた程ではありませんが、薄っすらと。
癒されますね。
どちらかといえば、海彦の私ですが山の風景に心癒されるのもいいものです。
お立ち寄りいただく皆様にもちょっとお裾分け。なんたて富士山の裾野は広いのです。

さて、「愚痴の効能」について書いた前回ですが、
私の体験から少しお話を続けてみましょう。

実は、私は愚痴を言いません。(なんのこっちゃ、自分で勧めておいて!)

小学4年生の春のことです。
クラスで学級委員を決めることになり、私は図書委員に・・・選ばれませんでした。
どうゆう決め方だったのかは忘れましたが、よっぽど悔しかったのですね。
家に帰って、「どうしてこんなに本が好きなのに、選ばれないんだ・・・」 って
針仕事をしていた母親を相手に切々と愚痴を言いました。

母は無口な人ですから、私の愚痴を相手にもせず、黙って仕事を続けています。

出窓に腰掛けながら、一人で愚痴っていると、ふっと自分の姿が目に浮びました。
まるで、幽体離脱して見下ろしているようにはっきりとです。

愚痴を言う私の姿は、情けなく、みっともなく哀れで、とても恥ずかしいものでした。

はっと我に返った私は、ぴたっと愚痴を言うのを止め、「もう言わない」って。

母は、相変わらずに何も言わず針仕事を続けていました。

私は、それ以来愚痴を言う事がありません。
恥ずかしい自分の姿を知り、愚痴を言うことが出来なくなったのです。

「もの言わぬは腹膨れるわざなり」
 と言いますね。
腹が膨れる?だったら愚痴を呑みこみ消化していまう大きな腹になろう。
と小学4年生の私は心の中で思いました。
それは、私の人生へのささやかなチャレンジの始まりだったのかもしれません。

元来、理屈っぽいところの多い私です。
仏教で言うところの因果という考えにもひかれ、ものには原因があり結果がある。
そう思っていますから、何故?が大好きです。
私の回りに起こる事象について、都合のいいことも悪いことも、
何故これは起こっているのか?これは正しい道にあるのか?
どうしたら、回避できるのか?どうしたら正しい道に進むことができるのか?

そんな風に考えて行きますから、愚痴を言っている暇なんて当然ありません。
論理的に物事を考え、対処解決してゆけば、愚痴をいうような必要はない。
もちろん、理不尽な事や都合の悪いことなどはこの世の中に沢山あって、
思うようにならないことも多いけど、理由がわかれば乗り越えられる。
そう、私は考えていたのです。

この考えは今も変わっていません。
根本を考えて対処する。これは私の勇気の源でもあります。

ところが数年前、私は仕事上の理由からすっかり体調を崩してしまいました。
仕事は成功し、拡大して多忙な日を過ごしていたのですが、
私の中ではいつも 「これは本来私がなりたい姿では無い」 という思いがあったのです。

それは突然やってきました。
家で夕食を取ると、必ず胃痙攣を起こすようになったのです。
食後30分ほどすると胃が痛み出し、汗をかきながら七転八倒する苦しみ。
余りの痛さに、痛さ疲れで気を失うように眠ってしまうほどです。

毎回の胃痙攣に、初めはなるべく胃に負担の少ないものと思っていたのですが、
それも効果が無いと分かると、食事をとるのが恐る恐るとなり、
仕舞には食べるのが嫌になります。

食べられない事よりも、食べることが嫌になるという心の変化のほうが
はるかに恐怖を感じさせます。
それは、自らが死をまねく変化だからです。

軽い不眠症にもなりました。
布団に入っても眠れず、起きて自室で1~2時間ほどPCに向かい、
少し眠気が出たら布団に戻るのですが、やはり熟睡できないのでまた部屋へ。
これを一晩に2~3回繰り返し、朝が白み始めるのでそのまま起きている。
鬱病でも不眠症が起こりますが、私は鬱ではありません。

原因があるから結果がある。
負の原因があるならそれを直せばいい。 それが私の考えです。
この時も私は自らの行動規範に則って解決を図ろうと試みていました。

ですが、原因は今活躍し成果をだしている仕事。自分の希望する道と違うということです。
これは私の我侭でしょうか。 

自分が本来の姿で生きていないことへの自責の思いは、
パートナーさんに対して“申し訳ない”という思いにもつながっていました。
申し訳ない思いが、自分を責め、胃痙攣という形で私の体を傷めていたのです。

実はいくつかの検証を自分で行い、パートナーさんと一緒に食事をとる時に限って、
胃痙攣が起こることを、早い段階で気づいていました。
でも、パートナーさんに、
「胃痙攣は貴方と一緒にご飯を食べるせいだ」 なんて言えますか?
(パートナーさんも薄々は気づいていたんですけど・・・)

こうして、私は半年以上自分の体を苦しめ続けました。

きっかけは同僚からの心配でした。
私より年配の同僚Mさんが気遣ってくれて、仕事で付き合いのある精神科医に
私と話をするよう連絡をとってくれたのです。

仕事で飛び回っている私、自分で解決できると思っている私に、
精神科医Tさんの方から携帯に電話が掛かってきました。
ちょうど車に一人でいた私は、20分ほどTさんと他愛もない話をします。

軽く症状の話をしてから、仕事とは関係のない他愛もない話。
私も知識がないわけではありませんから、この電話の意味は承知しています。
会話に身を任せてみました。

この電話をきっかけに、私の症状は軽減してゆきます。
すぐにとはいきませんでしたが、3ヶ月後には胃痙攣は治まっていました。
ただ、不眠症のほうはすぐには改善せず、2年ぐらいは続いたでしょうか。

でも、この経験は私には非常に重要なもののように思われます。

どんなに論理的に考え対処しようとしても、心と体は微妙なバランスで支えられて
ちょっとしたきっかけで崩れると、直すの時間がかかります。
そして、対処には第三者の助けが効果的だと言うこと。

人によっては、家族の支えが有効な場合もあるでしょう。
でも、私のようにパートナーさんが一因である場合には難しいですね。

世の中には、自分一人ではどうにも対処しきれない問題があります。
自分で解決するにしても、人に話して落ち着くことで対処が楽になることもあります。
また、直接的に問題のテーマを話したり相談するのではなくても、
誰かと他愛の無いおしゃべりをすることだけで効果があるということです。

誰かとつながっているという安心感から、心の疲れが染み出してゆくのでしょうね。

愚痴にかぎらず、誰かとお話をすることで、心の疲れをポイッって捨ててみては
いかがでしょう。
心の疲れを吐き出したら、美味しいものでもお腹に詰めて、
幸せな笑顔をちょっとお裾分けしてみてください。

さぁて、私の場合は美味しいチーズとワインで満たしてみましょうか。
ね、ご一緒にいかがですか?

200911071.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 





スポンサーサイト

テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

女性の愚痴は解決して欲しいのではなく言って発散するので聞くときは聞くだけですね。
意見は言いません。

男性は問題を解決したがるらしく、どのお友達も旦那さんに愚痴をこぼすと
余計にイライラすると言います^^;;
ただ聞いて欲しいだけなのにそれが出来ないって。

旦那さん関係の愚痴は
「こうやって(旦那さんのお陰で)ランチが出来るのだから良いじゃない^^お金も愛よ。」
って言ってしめます。

子供の事も旦那さんの事も学校の事も。。。
色々ありますから話は尽きません。

愚痴に限らずランチをしなから笑って話す♪って無駄な事ではありませんよね?!
(旦那様方へのメッセージです^^)

みみ様、おはようございます。

全くその通りのコメント頷きながら拝見しました。
男はなかなか「聞くだけ」が出来ないのでしょうか?
女性がランチ、男の愚痴は飲二ケーションなのでしょうね。

パートナーさんは愚痴を言いませんが、「言っても仕方ないものは言わない」って。
奥様ランチもないし、相手は私だけだし、実は発散できないのかな?
子供も職場の人間関係も無いから、その分愚痴が少ないのかな?
なんて、呑気な事を思っていたら、
「旦那が気がつかないだけよ!」 ってみみさんの声が聞こえてきそうです。


杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google