プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

食本の楽しみ・・・続き

お元気ですか?

当地はすっかり暖かくなり、庭の白梅は満開。
縁台にでも腰掛けてお茶でもお酒でもいただきたいほどの日和です。

食本のお話を続けましょう。

食べ物の事を書いた本の面白いのは、作者の体験を自分のそれと照らし合わせる事が
出来るから。
これが、行った事もない国の食べた事もない食べ物を並べられても、
はじめは珍しさに読み進むかもしれませんが、しばらくすると食傷ぎみになり、
それこそ、飽きてしまうのが必至。

池波正太郎にしても、高級な料理が並んでいるばかりではなく、
たいめいけんのように、私のような凡夫でもたまには行けるお店が
書かれてあるからこそ、想像も働くというものです。

「狐狸庵食道楽」を読んでいると、遠藤周作氏の子供の頃の話が出てきます。
満州で小学校を過ごした彼が、道で売っている饅頭が食べたくて、
母親の銀の装身具をこっそり持ち出して売り、饅頭を買い食いした話や
日本に戻ってきて、餡ころ餅を食べながらセーラー服の女生徒とすれ違うと
顔を赤くし、うつむき、しおしおと歩いた中学時代・・・

そんな話を読みながら私は自分の子供時代に重ねてゆきます。

残念ながら、私にはしおしおと歩いた記憶も親の目を盗んで買い食いした記憶も
ありません。
食べ物は家で食卓について食べるものと教えられ、外出先で買い食いをするという
経験を持ち合わせていないからです。
これは、縁日などの出店を覗いていても同じ。
子供が欲しがる、せんべいや杏飴などを買ってもらった記憶がありません。
一度、綿飴を買ってもらった事があったのですが、歩きながら食べるのは
ご法度ですから、家に持ち帰ったのかな?

私が子供の頃は、おやつは家で作って食べるもので、
パンの耳を揚げて砂糖をまぶしたり、アルミで出来た型をつかい、
動物の形をしたドーナツを作ってもらった記憶はあり、
こうして書いていても、油の甘い匂いと台所の情景がよみがえってきます。

もう一つ、子供の頃の食べ物で思い出されるのは、病気になったときの食事でしょう。

決して病弱な子供ではありませんでしたが、私はよくお腹を壊したり、
季節の変わり目に熱を出していました。
一人、登校前にかかりつけの病院にいくと、ご夫婦でやられている先生の
女性の先生が診てくれるのですが、熱を出してだるい顔をしている私に
「元気だね」って話かけてくれるのですが、
「どうして、病人の私に元気だねなんていうのだろう」と不思議に思ったものでした。
芯は頑丈だったのでしょう。

熱でボゥ~っとして、食欲の無い私が食べさせてもらったのが、
くず練りならぬ、片栗粉に熱湯を注いで練ったもの。
瀬戸物の器に片栗粉と砂糖を入れてチンチンに沸騰したお湯を注ぎ、
スプーンで急いでぐるぐる練ると、あっという間に透明のゼリーのようなのが出来上がります。
これをふぅふぅいって口に運ぶと、熱いのが喉に気持ち良い。

もう一品。
お腹の調子が悪かったり、熱で食欲が無いときはお粥がいいですね。
母が作ってくれたのは、お粥に乗せる卵みそ。
柔らかめのスクランブルエッグに砂糖と味噌を加えたもので、
お粥にトッピングして頂くととっても美味しいんです。

長い間、「あぁ、あれは美味しかったな」と頭の隅にあったので
帰省した時に作り方を教えてもらいましたが、
いざ作ってみるとなんだか記憶の味と違うんですね。
風邪で寝込んだ時に食べなければ、あの味は再現できないのでしょうか。

子供の頃の食べ物の記憶。
思い出せば色々な食べ物や情景が蘇ってきます。

「狐狸庵食堂楽」を読みながら、そんな楽しみに浸ってみました。

散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)
(1981/10)
池波 正太郎

商品詳細を見る



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 
スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

餃子は任して!

中国で家のアマに手ほどきを受けてから70年以上。餃子は子どもの頃から数知れず作りました。勿論いろいろな食の思い出は限りなくありますが、人に教えられる物は餃子です。餃子の講習をしたりします。

教えていただきたいです!

相子様、おはようございます。
ブログ書きながら、相子様の事思い浮かべていました。
餃子ですか!素敵です。最近我が家でも皮から手作りしています。
買ってくる皮と違い厚手のもちっとした食感が私は好きで、
水餃子もお気に入り。
パートナーさんは今肉まんの包み方を上手になりたいと思案中です。

思い出って美味しいですね。

忘れられない食べ物

食べ物に関する思い出って、確かにありますよね。
私自身も色々ありますが、
幼い頃に、家族総出の山の作業に連れて行かれた時
(私は幼いので遊んでいましたが)
山で食べた、塩だけでにぎったおむすびの味は、未だに忘れられませんね(^^)
ご飯の炊き具合や塩加減が、なぜか絶妙だったんです…。
もうホントに美味しくて。
山の木々の香りと共に、今も忘れられない思い出の食べ物ですね(*^_^*)

素敵な思い出!

びぃママさま、いらっしゃいませ。コメント嬉しいです!
家族での山作業で、塩お結びの思い出。なんて美味しそうな情景でしょう。
木の匂いと汗をぬぐいながら、笑いの香り。
家族の幸せが浮かんできます。

お結びは日本が誇る食べ物と、私密かに思っています。
函館育ちの私は、鮭おにぎりやイクラおにぎりが定番ですが、
たらこやシーチキンも大好き!味噌おにぎりもいいですね。

高校生のびぃ太君のお弁当には是非おにぎりを!

こんばんは

食本というのはあまり読んだ事がないです。
でも今、食育という言葉がよく使われいますが、
食を通じて、人間として大事な事はたくさん学びますし、
勿論 健康でいることは、何より大事なです^^

私は夜店などの露天で買ってよく食べ歩きしました!
一度たこやきを買って家族全員食あたりになった事覚えています(泣

熱を出した時、母はいつもおじやを作ってくれました。
おみそと卵と野菜がたっぷり入っていて、とても温まるのです^^
食べ物の思い出ってありますね!
その時の自分を思い出します^^

田舎ママさま、おはようございます。

美味しいお料理をいっぱい作ってらっしゃる田舎ママさまですから、
色んな思い出をおもちでしょうね。
そんな思い出を話しながらお子さんとお料理をすれば楽しいですよね。

おじやは私も好きです。
病気の時だけでなく、
すき焼きの後のおじやは楽しいですね。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google