FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

弓道・・・円相・十牛図に学ぶ (その2)

お元気ですか?

「弓道・・・円相・十牛図に学ぶ」 を続けます。

4 得牛(とくぎゅう)
Oxherding_pictures,_No__4

牛に縄をうち、捕まえましょう。わずかに知ることの出来た仏性・真理は大変危うくすぐ見えなくなってしまいます。目を凝らすと見えていたものも、凝らすほどに見えなくなります。これは私たちが仏性に対峙しているから。自我が見えることを邪魔しているのです。

弓の練習をしていて思いがけず良射が出ると、狐につままれたように「何が起こったのだろう」と思います。そして今の射を再現しようと技術をもって取り組みます。しかし、どんなにやっても同じものは現れてきません。何故か。“思いがけず”というのが肝心なのです。射技をもって再現しようとする事は自分の意思の働きによるもので、自己・自我が存在します。これでは滅我の射から遠くなるばかりです。ではどうしたらよいのでしょうか。練習しかありません。ひたすらに練習を重ね滅我の射、「空」が向こうから現れてくれるのを待つしかないのです。


5 牧牛(ぼくご)
Oxherding_pictures,_No__5

牛は次第におとなしくなり、縄を緩めてもついてきます。仏性・真理に対峙していた自我を空なるものと知ったときそれは中でも外でもなく私たちと一体となり満ちていることが分かります。しかし、まだ安心はできません。「空」と知った「私」がいるからです。「私は悟った」と思った瞬間、妄執となって私たちに襲い掛かってきます。ゆるんだ手綱の先の牛を感じながら歩かなければなりません。

弓を練習するとき、私たちは一つ一つの動作を確認します。射法八節という型を学び、呼吸の使い方を意識し練習を重ねます。練習が習熟してくると、次第に射法八節の型も呼吸も意識しないで出来るようになります。しかし「意識しないでも出来る」と思った瞬間、「意識」が鎌首をもたげ迷いが表れだします。もちろん漫然と引いているのではありませんがこの「意識」を忘れる事が重要です。技の働きを意識することを捨て「私」を忘れたときにそれは自分のものになり一体となるのです。


6 騎牛帰家(きぎゅうきか)
Oxherding_pictures,_No__6

牧牛によって牛との関係が築かれ、牛の背に乗れるまでになりました。この一体感を楽しみながら村へ帰りましょう。仏陀も悟りを開いてなお思索をつづけ、悟りの内容を整理したといいます。

滅我の射が実現すると、射がとても楽になります。弓を執り矢を番え引いて離れる。あるがままにあるだけです。足踏み胴造りは自然に立っているだけ、打起して引き分けてくる姿はどこにも力が入っていないようです。心の働きもことさらに思い定めることがありません。
「無心 無策 無作為」といわれる境地でしょうか。


7 忘牛在人(ぼうぎゅうそんにん)
Oxherding_pictures,_No__7

家に帰り着き、牛をつないで気がつくと牛は消えていなくなりました。自己を探し、悟りを追い求めることすら忘れてしまった清清しい気持ち。仏性、悟り、真理といったものが「私」の中に在り一体となっているのです。

弓を執り射位に立つと的と向き合います。的は遠くはなれていますが、練習を重ねると距離を感じなくなります。的はただそこにあるもの。次第に的を意識することが無くなります。上手く引こうとか中てようという気持ちもなくなります。しかし、弓道ではいつも的があり消えることはありません。射手は目の前にある的を見、心に映る的を見てその強弱大小を自らに問いながら、的に囚われないための練習をするのです。



続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村  ←プチっと応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google