FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

弓道・・・円相・十牛図に学ぶ (その4)

お元気ですか?

「弓道・・・円相・十牛図に学ぶ」の4話目。最終回です。

円相という言葉に思いをめぐらし、十牛図を頼りにして考えてきました。
文字通り、考えたのであって禅の教えからいえば、はなはだ恥ずかしいものです。
若輩の凡夫とお許しをいただきたいと思います。

さて、「円相」。
「弓道教本第一巻」「執弓(とりゆみ)の姿勢(P89)」の項に、「両肩を平らにし、肘を張らず、両手は相対し円相となり、体を正しくして腰を据え、心気を整え、伏さず、反らず、固からず、緩からず、従容たる自然体で、体と弓矢が一体となることが望ましい。」とあります。
執弓の姿勢とは正しく立った(もしくは座った)姿勢で両手に弓矢を持った時の姿です。

次に「円相」が出てくるのは「矢番え動作(P94)」の注に「矢番えのとき、体と弓が離れないように、円相に構えること。」とあります。

どちらも姿形についての記述です。
では、弓道における「円相」とは姿形について了解していれば良いことで、教本に書かれたこの2点において注意していれば良いことなのでしょうか?
私はそうは考えていません。「十牛図」を辿りながらその思いはさらに深くなってきました。


射法八節にしたがっていえば、執弓の姿勢から、射位に立ち、足踏み、胴造り、弓構え、打起し、引き分け、会、離れ、残心と姿は変化してゆきます。しかしそのすべの姿の中に「円相」があると考えます。
足踏み、胴造りでは、射手から的を射抜いたさらに先を半径とした球をイメージします。私の場合、足の床下は半径ほど深くはありませんが、床下を感じるように努力し、頭の上はドーム型をイメージします。
弓構えでは「大木を抱えるように」と教えられますが、円相と同根同義でしょう。ただし弓構えで「円相」というと、外形的円をイメージするあまり、肘を曲げて円に見えるようにする初心者が多いことから、これを嫌うようですが、本来の「円相」の意味と体の使い方を教えきらない指導者の側にも問題があるといえます。
弓構え、打起しにおいても「円相」をくずすことなく行射します。
「引分け」ではさらに「円相」は重要なイメージにつながります。腰を扇の要として円をイメージしながら引分けてくるからです。
このように行射において、「円相」はいたるところにあります。
そして、最終段階の「離れ」において天地左右球体の中心に自らを見出すことになります。

もう一つ。私は入場から射位に立って行射し、退場するまでを半円と考え、退場してからの控えもしくは実生活を半円と考える事ができると思っています。少々拡大した解釈かもしれませんが、先の十牛図に照らして考えてみると、執弓の姿勢で控え、礼をして道場に入ります。「尋牛」です。修行(行射)を経て悟りを得、無我「人牛倶忘」を体現(残心)して後、「入てん垂手」の世界に至ります。道場から退場した後の世界を「入てん垂手」と考えてもよいのではないでしょうか。これがあって、はじめて弓道は「仁の道」という事が可能になるのです。

そうとすれば、弓道は最初から最後まで「円相」とともにあると言ってよいでしょう。
細かい所作の中に「円相」を語るのではなく、「円相」とともに弓道があるのです。

基本に基づいた射法射技の研修、礼に即した体配。たゆまない研鑽を経て自由を得たとき、「円相」とともに滅我が現れます。弓道はその全てをもって「円相」を具現するのです。


「円相」が頭の中で跳ね、私に「十牛図」を拠り所として弓道を考えさせました。
いったいどうしてこのような事がおこるのでしょうか。
実はこれこそが仏性であり、縁起なのです。
私の中に生まれた仏性は我慢しきれずに飛び出してきました。

私たちは時々何かに動かされるように仏性に出会い、縁を知ります。
さぁ、弓道と円相。私の中でどのように育っていくのでしょうか。
一旦は心に納め、見守ることとしましょう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村  ←プチっと応援よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google