プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『心から愛するただひとりの人』

お元気ですか?

最近お邪魔するようになったブログ「探偵小説三昧」のsugataさんがご紹介していた
『心から愛するただひとりの人』ローラ・リップマンを読みはじめました。

「クラック・コカイン・ダイエット」と「彼が必要だったもの」の二編を読んだだけですが、
「あれ、これは…」と引きこまれる面白さ。
丁寧な人物設定と場面展開が私をあっというまに現場に引きこみ、
最後には、「ほらね、どう?」ってオチが手際良く待っています。

ローラ・リップマンさん、なかなかの名手です。

私は、探偵小説の熱烈なファンというわけではありません。
探偵小説、推理小説、ハードボイルド etc それらの区別もよくわからないし、
そもそも区別する必要があるのかどうかも私には明確ではありません。

高校1年の春に新潮文庫でシャーロック・ホームズを全部読み、
エラリー・クイーンのドルリー・レインシリーズ4部作を楽しんだのが探偵小説として
意識して読んだくらいでしょうか。
でも、当時はEQMMも買って読んでいたので、けっこう楽しんでいたんです。

パートナーさんは、クリスティーやモーリス・ルブランのルパンシリーズを
色々と読んでいるのですが、私は、全く見向きもしていない。
アガサ・クリスティーはもっぱら映画で楽しんでおしまいです。

探偵小説に強烈にのめり込まなかったのにははっきりとした理由が二つあります。
一つは、他の本を読むのが忙しくなったから。
もうひとつはEQMMなんかを読んでいて思うのですが、
探偵小説ファンのマニアックさが私にはちょっと重たかったから。

熱烈なファンまたはオタクの方たちは独特の世界を形成します。
それは、まさしく「文化」といえるもに通じ、貴重なのですが、
ファンの方たちの熱い思いに触れると火傷をしかねませんから、生半可に近づくことは要注意です。

試しに、どれでもいいので探偵小説の後ろにある解説を読んでみると、
ボリュームの多さ、気合の入り様に思わず身を引き、笑いさえこぼれます。
あの作家のこの作品はこうゆう系譜にあって、この作家はどうで… ????
これはもう、他の文庫本の比ではありません。

とは言え、垣根をもうけることもないので、何かの拍子に手に取る本もあります。

ギャビン・ライアルの
『ちがった空』 ("The Wrong Side of the Sky")
『もっとも危険なゲーム』 ("The Most Dangerous Game")
『深夜プラス1』 ("Midnight Plus One")
は好きで、特に『深夜プラス1』は私の最もお気に入りの1冊。
シトロエン好きにはたまんないというおまけもあります。

女性探偵なら、サラ・パレツキーのV・I・ウォシャウスキーも良いですね。

映画ですけど、ジョン・カサヴェテス監督の『グロリア』1980年もお気に入り。
ジーナ・ローランズ演じるマフィアのもと情婦グロリアが男の子を守って
古巣のマフィアを相手に逃げ回る姿が気迫に満ちてかっこ良い。

ハードボイルドは女がかっこよくなくっちゃね。

『心から愛するただひとりの人』で 数日楽しむ事としましょう。


ところで、今日はもう一つイベントがあります。

NHKのBSで放送していた刑事コロンボ全69話が今日で最終回。
「策謀の結末」 THE CONSPIRATORS が放送されます。
ピーター・フォークの名演とゲストスターの豪華さ、ヘンリー・マンシーニの音楽など
一時代を築いたドラマですが、今見ても見ごたえ十分。

しかも、視聴者から提供を受けて小池朝雄さんが声優を務めるテープを基に、
放送されるとのこと。
ここにも、熱いファンがいるんですね。

皆さんもきっとお気に入りの作品を記憶されているのではないでしょうか。
私はなんといっても『別れのワイン』
もちろん、他にもたくさんあるんですよ。でも、ワイン好きの呑み助にはこれでしょう。

今回放送の69話。パートナーさんの希望により全作DVDに録画したので、
ゆっくり楽しむことが出来ます。
ワインを飲みながら、コロンボ警部と一緒に犯人との駆け引きを楽しむこととしましょう。


現代短篇の名手たち6 心から愛するただひとりの人(ハヤカワ・ミステリ文庫)現代短篇の名手たち6 心から愛するただひとりの人(ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2009/11/30)
ローラ・リップマン

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google