プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『酔っ払いは二度ベルを鳴らす』

お元気ですか?

世界中で猛暑の様子が伝えられています。

小学生の頃に読んだ宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』は
主人公のグスコーブドリが数奇な運命の末に技術者となり、
最後には飢饉に苦しむ農民を助けようと、火山を爆発させ
気温を上げて冷害を防ぐというお話。

私の心に強く残っているお話ですが、
iPad で読むことの出来る青空文庫に入っています。

文中、“火山を爆発させると5℃ぐらい気温が上がる”とあるのですが、
読んだ当時、そんなに気温が上がると南極や北極の氷が溶けて
人間の住んでいるところが水没してしまうと教えられました。

宮沢賢治が亡くなってから70年以上も経つのですが、
現代では賢治の意図とは違いますが、気温の上昇は世界規模で
私たちの重要な関心事になっていますね。


先日からすっかりハマってしまった東直己さん。
昨日は『酔っ払いは二度ベルを鳴らす』を読んでみました。
ススキノエッセイの一冊です。

夜ごとススキノの飲み屋で繰り広げられる、酔態の数々が面白可笑しく
ちょっと自笑的に紹介されています。

スナックでカラオケを歌おうとするのですが、
歌の名前も、歌手も思いだせなくてただただ「あれだよあれ」って
どうどう巡りをする「じれったい!」オヤジ。

女性連れで来て「いつものやつ」なんて言って常連のように振舞おうとする
初めての客。

酒飲みが“記憶をなくす”のはよくあるが、自分の酒の醜態を記憶していて
火の出るような恥ずかしさに苦しむ女性、はたまた、記憶をなくしている事すら
覚えていない無敵の酒のみ…

などなど、さすが東さん。酒飲みの観察には脱帽です。

えっ?私ですか?

お酒の席での醜態は全くありません…なんて 言いながら、冷や汗をかき、
もう飲まない…なんて 反省は数限りなくしながら夕がたになるとそわそわし、
記憶が無くなるほど酔い潰れ…なんて 身に覚えがありません。

今日も、お昼にパートナーさんと街中に出て、
ちょっと路地を入ったら、
「ほら、貴方の好きそうなお店があるよ。酒屋のトラックも来てる」って水を向けられて
思わず頬がゆるんじゃった。おっと、くわばらくわばら…

お酒の神様、助けて!

酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)
(2005/06/14)
東 直己

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google