プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

読書の夏

お元気ですか?

台風がやってきて、しかも日本の周りの海水温度が高いため
衰えることもなく縦断してゆくとのこと。
どうぞ、ご注意ください。

雨の日は、本を読みましょう。

「読書の秋」という言い方はあるけれど、「読書の夏」っていうのでしょか?
小・中学生だったら、夏休みの課題図書があったり、
好きな本を読んで読書感想文を出すように…なんて事があるのでしょうが、
今の小・中学生はどんな本を読むのでしょうね。

何に興味を持ち、どんな本に出会うのかって、
あとあと考えると運命的なものを感じる事が出来たり、
「あぁ、あの本と出合ったのは必然的なものだったんだ」
その後の読書や人生の軌跡を振り返って納得したりと面白く思う事があります。

もっとも、本に出会い夢中になって読んでいるときにはそうゆう事を考えては
いないでしょう。
それでも、ちょっと落ち着いた時には、
「今読んでいる本は、一生もんだな」と感じる事もありますね。

パートナーさんの読書は物凄い集中力。
今は「読書期」とでも呼べる時期になっているらしく、
家事以外の時はひたすら本を読んでいます。
好きなTVドラマも、全く気が向いていないのでDVDに焼いて保存。
いつか観るのでしょうね。

私とはジャンルが違うので、どんな本を読んでいるのか知りませんが、
ひたすら読んでいます。
私が、同時に何冊かの本を読んでいくのとは違い、
一冊一冊読み終えながら次から次へと読んでいますから、
余計に集中力を感じてしまいます。

そんなパートナーさんのちょっとご自慢は
「新潮文庫の100冊を全部読んだよ」というもの。
「だから、『白鯨』も『肉体の悪魔』も読んだもんね。女性には珍しいでしょう」と言います。
まぁ、そうかもしれませんね。

先日ショッピングモールに入っているわりと大きな本屋さんに寄ったので
「新潮文庫の100冊」をもらってきました。
私が学生の頃は、各社文庫出版目録があって、無料でもらえたので眺めて楽しんだものですが、
出版点数も膨大になると、目録作りも大変ですし、経費もかかります。
宣伝費ではもう賄えないのでしょうか、今は見当たらないですね。

DSCN0853_convert_20100812122619.jpg

それでも、「新潮文庫の100冊」。 パートナーさんは嬉しそうです。
もちろん、パートナーさんが100冊全部読んだ頃とは内容も違います。

「夏目漱石は何が入っていると思う?」 とクイズが始まりました。

「『坊ちゃん』と『こころ』かな」と私。まぁこれは易しい。
「じゃ川端康成は?」
「『雪国』」 川端康成で私が読んだのは『雪国』しかありません。
「谷崎潤一郎は?」
「『細雪』?」 
「残念でした、『春琴抄』」 これは読んでいません。
「芥川龍之介は?」
「『羅生門』」 これは、経験的に答えます。

「太宰治は?」
「『人間失格』だね。」
「もうひとつ」・・・・・考えても分かりません。だいたい私は太宰読みではありません。
「最近映画にもなったよ」・・・・・なおさら分かりません。
「『ヴィヨンの妻』だよ」・・・・・ふぅ~ん。

そして極め付き!
「三島由紀夫は?」
「『金閣寺』」これは外せないでしょう。
でも、もう一冊が悩みます。
私としては『不道徳教育講座』とか『サド侯爵夫人』と言いたいのですが、
ちょっと違うでしょうね。
しばし、思案・・・・

「『仮面の告白』?」
「わぁ、当たった!」
大喜びのパートナーさんに、ホッとする私。

夏の日のささやかなお遊びです。

ところが、本屋さんでもらってきた「新潮文庫の100冊」
中をぺらぺら見てびっくりしました。

パートナーさんが、私にクイズを出したのは「名作」というカテゴリーでした。
他に、「現代文学」「海外文学」「エッセイ ノンフィクション」とあり
「海外文学」は『ゲーテ格言集』以外は全部読んでいました。
でも、「現代文学」と「エッセイ ノンフィクション」はちんぷんかんぷん。

これはこれは、私って浦島太郎なのでしょうか???

と思ってもう一度ゆっくり開いてみると、
「現代文学」のところにもありました。お気に入りの本が。

『西の魔女が死んだ』梨木香歩、と『精霊の守り人』上橋菜穂子
の2作品です。44冊中2冊です。

なんだか安心して、じわっ~っと嬉しくなりました。

ちなみに、『精霊の守り人』はパートナーさんもお勧め。
数少ない、2人で楽しんだ本です。

皆さんはこの夏、どんな本を読みますか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

杣人さん、こんにちは。

我が家も、夏休み前の、新潮・角川・集英社の夏の100冊の販促用冊子をいただいて(これを読むだけで、結構面白いですね)、今年は、それを見てから、それぞれ2冊ずつと決めて、家族で本屋さんに行きました。ちょっとした贅沢です。おまけのストラップもちゃんともらえました。
そんなこともあったので、この記事のお二人の風景、楽しく読ませていただきました。
私の今年のヒットは、万城目学『鴨川ホルモー』でした。もうお読みでしょうか。面白かったですよ~。

気がつかなかった

ここ様、ようこそいらっしゃいませ。

そう、私の手元にも、角川、新潮、集英社と販促冊子が三冊あって、
それぞれの紹介の仕方を比べながら眺めて楽しんでいました。
でも、ストラッププレゼントには気付かなかった…

『鴨川ホルモー』はWOWOWでお芝居と映画を放送していたので録画しているのですが、
まだ観ていません。当然本も読んでいないのですが、
ここ様のお勧めとあらば、これは早速読んでみますね。

ご紹介有難うございました。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google