プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

福井の旅 5 (恐竜博物館)

お元気ですか?

福井の旅も最後を迎えました。
永平寺を堪能した私は、パートナーさんの熱い希望を叶えるため、
福井県立恐竜博物館を目指します。

パートナーさんは恐竜が大好きで、ニューヨークに遊びに行ったときにも
自然史博物館に行って、半日近く恐竜を見て廻っているくらい。

福井県は日本の恐竜の80%が発掘されるというところです。
しかも、カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並でび
世界三大恐竜博物館と言われる福井県立恐竜博物館。

パートナーさんが、逃すわけがありません。

DSCN1090_convert_20100920092126.jpg  DSCN1105_convert_20100920092706.jpg

永平寺の山を下りて、しばらく走ると林に囲まれた中に銀色に輝くドームが現れます。
ワクワクモードのパートナーさん。
ちょうど、「アジア恐竜時代の幕開け」という特別展を開催中で、
中国からも化石標本が持ち込まれ、展示されています。
しかも、ホテルでチケットを買ったら、1000円の入場券が800円という割引だったので、
まるで、パートナーさんは“恐竜が私を待っている!”と言わんばかりです。

山肌に建った博物館の入り口は3階。チケットを見せパンフレットをもらって入ります。
長いエスカレーターに乗って一気に地下1階へ。
ダイノストリートと名付けられた廊下を通り、石版になった三葉虫や小魚の標本を眺めながら歩くと、

DSCN1098_convert_20100920092405.jpg

恐竜丸々一頭の発掘標本が展示されています。
これは、博物館がアメリカから買い取って調査中の化石の見本レリーフ。
へぇ~、こんなふうに出土するんだ って分かる仕組みです。

階段を登ると1階。「恐竜の世界ゾーン」というメイン会場。
全身骨格を展示しているところです。

DSCN1103_convert_20100920092557.jpg  DSCN1104_convert_20100920092634.jpg

パンフレットによると40体以上の恐竜骨格、千数百点の標本があるそうです。
しかも、実物の骨を組み上げて作られた展示もあって、迫力満点。

私は、全身骨格よりも顕微鏡で覗いて見る歯の標本や卵から生まれようとしている化石、
恐竜の皮膚の化石などに興味が惹かれます。

DSCN1101_convert_20100920092518.jpg  DSCN1100_convert_20100920092442.jpg

途中、お腹がすいたので3階のレストランで食事。
月曜日にもかかわらずお子さん連れの家族で賑わっています。

DSCN1097_convert_20100920092332.jpg

レストランは地元の方が働いているのでしょうが、
私は、あまりの手際の悪さに恐竜なみに吠えたくなってしまいます。
これで土日のお客さんはさばけるのだろうか?と他人事ながらイライラ。
パートナーさんに宥められてしまいます。

でも、300円の追加でフリードリンクにすると、コヒー、アイスシャーベット、
ポップコーンにソフトクリームが飲み放題の食べ放題!
ご利用される方には、是非、フリードリンクの追加をお勧めしますね。

レストランの隣には、映画館があって15分間の上映をしていますが、
パートナーさんは現物がいいとばかりに、映画館は素通りです。

DSCN1092_convert_20100920092227.jpg  DSCN1094_convert_20100920092258.jpg

展示物の中には、実際に触れられるものもありますし、足の大きさを比べるのも楽しいですね。

そして、こうゆう博物館に来たら、コーナーに立っている係の人に声をかけてみるのもお勧めです。
「福井の恐竜」という展示コーナーのところにいらした女性に
「発掘された場所はどのあたりなんですか?」と尋ねてみると、
「北谷の…」と教えてくださいます。

ちょうど来る途中に山を削っているところがあったのですが、
そこは石の採掘場所で恐竜ではないようです。やっぱりか…とちょっと残念。

その係の人によると、
昭和55年に当時中学生だった女の子が石を拾って家に持ち帰ったところ
玄関先で落としてしまい、割れた石の中から恐竜の歯の化石が出てきたとか…

「もともと興味のある娘だったんでしょうね」なんて教えてくださいます。

福井の恐竜発掘の歴史を見てみると、(ふくいウェブさんより)

1982年(昭和57年):勝山市北谷でワニの全身骨格が発見される
1988年(昭和63年):勝山市北谷で予備調査を実施。小型肉食恐竜の歯を発見
1989年(平成 元年):第一次福井県恐竜化石調査事業
1990年(平成 2年):北谷で崖の層面発掘を開始
1991年(平成 3年):恐竜を含む脊椎動物の足跡化石を発見
1992年(平成 4年):恐竜足跡の連続歩行跡を発見
1994年(平成 6年):イグアノドン類(フクイサウルス)の全身骨格復元
1996年(平成 8年):第二次福井県恐竜化石調査事業
1996年(平成 8年):調査事業により、肉食竜の骨格を発見

となっています。
公式ではないのかもしれませんが、地元では有名な話かもしれません。
「隣町のあの家の娘がさぁ…」なんて。

特別展と常設展示をたっぷりと楽しんだパートナーさん。
満足気に最後にミュージアムショップを覗きます。

何か記念になるものは無いかな? って思うのですが、
どうも、私たちはこうゆうところに入ると、一気に気持ちが萎えてしまいます。
欲しいようなものが見当たりません。

結局パートナーさんは栞、私はトランプを買うことにしました。

DSCN1109_convert_20100920092802.jpg

荷物になりませんし実用的です。

え?トランプ? コレクター的趣味を持ち合わせない私ですが、
トランプを集めるのは好きなんです。
それも、ちょっとレアもののトランプです。

どんなトランプかは今は内緒。ご紹介出来る時があるまで、ないしょないしょです。

さぁ、恐竜博物館を充分に堪能したパートナーさん。
私は、ちょっとお疲れ気味ですが、これからは、一路帰宅の旅です。

九頭竜川沿いに進み、九頭竜ダムを眺めながら帰ることとしましょう。
戦後日本のダム開発で話題になったダムです。

今回の福井旅行。自然と歴史を堪能した旅となりました。

東尋坊は今から約1,200~1,300万年前の新生代第三紀中新世の
火山活動で出来たものと考えられています。
恐竜が栄えたのは、ジュラ紀(約1億9500万年前~1億3500万年前)から
白亜紀(1億4550万年前~6550万年)で、白亜紀末期にはほとんどの恐竜が滅びています。

その遥か昔の歴史を持つ土地で、お経を読んだり戦をしたり…
人間って面白いですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

恥ずかしながら

私は仏典の素養がありません。ですが永平寺は再度行きたい所です。
あの雰囲気は忘れ難く思っております。
恐竜話は子どもの頃は好きで、一時考古学へと進みたいと思ったのものです。今は老いたせいか眺めるのも疲れ、あの勢いは何だったのかと思うのです。
不思議ですね。年々歳々心も関心も移って行くのです。
自分が自分に振り回されて過ごしていると言うことでしょうか。

こんばんは

相子様、お久しぶりです。
青島の旅を楽しまれたご様子。楽しく拝見しております。
私は、恐竜には今も昔もあまり興味を持っておりませんが、
彫り出した骨を調べ組み立てて研究する人間には興味があります。

今日、相子様の旗袍のHPを読ませていただきました。
お釈迦様はその人にあった話で法を説き、仕事を通じて悟りへの道を導いたといいます。
生地に向かい、一心にハサミを入れ針を運ぶ。
その一つ一つに仏性があるのだと、母の縫い物の姿を思い出しながら思っております。

すっかりご無沙汰してしまっていますm(__)m
……と、いつもこの書き出しですね( *´艸`)

私も恐竜とか遺跡とか…大好きですよ~。
この福井恐竜博物館に行ったことがあるんです。
息子がまだ保育園の頃、朝のテレビで紹介されているのを見て「ここに子供を連れていってやろう」ということになりまして。
息子も大喜びでしたが、私も大喜びして見ていました♪

それ以来息子は恐竜が好きになり、彼に始めて買ってあげた絵本以外の本は「恐竜百科」という本でした。
ひょっとしたら今も持ってるかも。

永平寺や東尋坊も独身の頃にお友達と旅行した場所でもあり、なんだか懐かしく記事を拝見いたしました♪

HDDが壊れたとのこと…。
データが無事に戻ればいいですね。
こうなって始めてバックアップの大切さを思い知るんですが、喉元過ぎれば熱さ忘れる…でいつも結局バックアップを取らずに過ごしてしまいます。

杣人さんの記事を拝見して、バックアップとっとかなきゃ!と改めて感じました。
(バックアップのきっかけを作ってくださって)ありがとうございます(#^.^#)

れん様、こんばんは

お久しぶりのコメント、とてもうれしゅうございます。
れん様、恐竜がお好きなんですね。うっ~ん魅力はなんなんでしょう?
大きいところですか?
綺麗な女性がお相撲さんが大好きなように、大きな恐竜が好きなのかな?

永平寺は憧れの地でしたので堪能しましが、東尋坊は想像したより小さなスポットで
高さも想像よりず~っと低かった。私の勝手な想像のせいで、東尋坊の魅力が減るわけではないのです。
手すりもない岩の縁に立って海を覗けるのには嬉しくなりました。

HDDはちょっとショックです。無事帰ってくることを願っています。
PCのバックアップと貴重な資料を入れていたHDDです。
バックアップの二重三重を考えないといけないのかな?と早速クラウドを試しています。

その後、今恐竜好きのお兄ちゃん、仲良し彼女とはうまく行っていますか?
またお立ち寄りください。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google