プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『高橋さんの作り方』

お元気ですか?

土曜日です。
今日も朝早くから起きて、録画した番組を見ています。
NHKで放送された、グループる・ばる『高橋さんの作り方』

グループる・ばる は松金よね子さん、岡本麗さん、田岡美也子さんの
三人が自分達のお芝居をやりたい!って立ち上げた劇団です。

どこにでもある生活風景からこんな絵が見えるのかと、面白い視点をさりげなく、
(つまりとても自然に)私たちの前に再構築してくれます。

以前、仕事の関係でグループる・ばるの皆さんとお会いしたことがあり、
懐かしい思いを胸にお芝居を見始めます。

今回の『高橋さんの作り方』。ちょっとシリアスです。

ストーリーは
ネット上で相談を受けるカウンセラー募集に応募してきた4人の男女。
デパートのお客様対応であったり、スーパーの実演販売員であったり、
自己破産した会社経営者や家を出た専業主婦であったり・・・
様々な経歴の4人です。

オープニングから、登場人物の過去をコミカルに表現しながら導入してゆくのは
グループる・ばるのお得意とするところ。

でも、お話が進むと4人がネットカフェ難民であることが分かり・・・

グループる・ばる のお芝居は現代の病巣を真面目に切り取りながら、
独特のコミカルと演出であまり重くなりすぎないように見せてくれます。

それでも、誰にでもありそうな生活の一面に
役者さんのセリフそのままに、「じゃどうしたらいいんだよ」と自問せずにはいられません。
そこに、グループる・ばるの人に添う優しさとリアリティーがあります。

今回の舞台は道具もいい感じ。
マンションの一室を思わせる壁。白い枠だけで表された出入口。
無機質な舞台の中に置かれた曲線の背もたれのある椅子。
その椅子の配置は絶妙に計算されていて、
舞台の上で椅子同士が会話をしているようです。

ちょうどNHKのニュースの中で、都会の一人暮らしが抱える問題に視点をあて
取り上げていました。

一つは、生活に追われ、安らぐ場を失っている一人暮らしの姿と
一人暮らしなんだけど、昔の長屋のように、隣近所との寄り添いながらの生活。
どちらが良いというものではありません。
でも、個人とは何か、コミュニティーとは何か、社会とは何か・・・
そんな中で、一方に振れ過ぎたとき、私たちは自分の居場所を探しだすのではないのか。

隣近所、今日何を食べたかまで分かる生活。
一方で、隣の人の名前すら知らない生活。

私たちは、自分と他者との距離を模索しながら生活をしています。
まだまだ成熟した社会への過渡期といえるのでしょうか。
それとも、振幅する社会の歪に揺らいでいるだけなのでしょうか。

お芝居はギリシャの昔から、時代を切り取って見せてくれる素晴らしい手段でした。
私たちは、お芝居を観ることで、笑い、泣き、ため息を突きながら、
鏡で観るように自分たちの現実を思いがけない形で知らされてきました。

グループる・ばるの活動も、そんな演劇の歴史の中に
きちんと息づいた力強いものを感じます。

小劇団の演劇はなかなか活動拠点にしている土地以外では観ることができません。
そういった意味では、NHKの放送はとても重要な意味を持っています。

以前、東京に住んでいた時には、いろんなお芝居を見て歩いていた私も
最近では、すっかりTVでの観劇になじんでいます。
それでも、お芝居を観ないよりはいい。

機会があったら、是非、グループる・ばるのお芝居をみてください。
等身大の、静かに優しく考えさせられる、お芝居がそこにはあります。


ss_flyer-1.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google