プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

弓道審査

お元気ですか?

昨日は弓道の審査が行われ、私も役員としてお手伝い。
その感想は杣人の弓道 年々歳々 で。

昨日の審査は地区審査といって級から始まり、四段までの人が受審するクラスです。
春、新入学とともに弓道部に入り一から始めた学生さんが、半年間を経て
初めて受けることの出来る審査でもありますから、
中学生や高校生の学生が多いのが特徴。かれらは、級や初段を受審します。
高校生で先輩格は二段。三段四段になると大学生や社会人が多くなってきます。

どんな武道でもそうでしょうが、
審査では基本がきちんと出来ているかどうかが大事。
入退場の姿勢、歩き方、所作の正確さがみられますし、いい加減な動作をしていれば目立ってしまいます。
そうゆう基本がしっかり出来たうえで、
技の良否、習熟度、気合のあるなしなどが重要になってきます。

的をねらう以上、中ることも大切ですが、
たとえ中らなくてもこういった動作がしっかり身についていて気合がこもっていれば
レベルに応じて合格をいただくことも可能です。

弓道は相手のある武道ではありません。
もちろん、競技射会では中ることが大事。
ですが、的は逃げません。強い相手がいるわけではなくあくまで自分が相手です。

そうゆう弓道の審査ですから、一人一人の姿から内面が良く見えてきます。

誰もが審査を目指して一生懸命練習をしてきたはずです。
その一生懸命に変わりはありません。
でも、心の奥底にある気持ちは一人一人違います。
それが、動作の合間から見えてきます。

これは学生も大人も変わりがありません。

習熟度に応じて心の余裕というものも生まれてきます。その分落ち着いて見えることもあります。
でも、そうゆうのとは違い、真面目さや真摯に取り組む姿勢というのが見えてきます。
逆に、これでどうだといった気負いやこんなんでいいやという不遜な心も見えてきます。

弓道というのは、そうゆう真っ裸な自分を観られていまう武道です。

役員として場内で受審者の方のお手伝いをしながら、そうゆう姿をみているのは
ちょっと楽しいことです。
審査にあたる先生方はこれは評価し合否を決めなければなりませんから、
責任ある仕事なのですが、私の場合は見て自分の中で楽しむことができます。

審査での仕事が終わり、家に帰りパートナーさんとお出かけ。

「うん、一日立ちっぱなしだから腰が痛いけど、楽しかったよ」
「みんな素直でよかったよ」


なんて話していたら

「貴方も、昔はどうだ!ってブリブリだったよね。」
「道場が有名で先生方もいたから大目に見ていただいていたんじゃないの?」


なんて痛いところをついてきます。

はい。私、生来の腕白坊主。歩いているだけで存在感を振りまいてしまいます。
(本人は控えめに静かに生きているつもりなんですが・・・)

審査ですから、軽い緊張はありますが、アガることなんで全くありません。
審査員の先生方の目の前で、“どう!見て見て!”って自信満々に、
まるでこの世は自分の天下だって感じで引いてきます。

四段ぐらいまではそうだったかな?

最近は在るが儘にあるのを楽しんでいます。
審査だろうが、射会だろうが、心のゆらぎ、落ち着き、そんな自分の有り様を心の中に見て
自分を面白がっています。

昨日の審査をうけた皆さん。合格した人もそうでない人も、
これからどんな弓道経験をし、どんな自分に出会うのでしょう。

私にはどんな世界が待っているのでしょう。

ね、弓道って楽しそうでしょう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

武道

こんにちわ。
実は私も武道武術をやっています。
柔道やら空手やら。
多少指導する事があるのですが、最近の若い子は、心身共に「姿勢」が悪いような・・・。自分が高校生の時はもっとこう・・・強さにがめつかったような・・・向上心があったような・・・。
弓道楽しそうですね。興味あります。

桜花さん今日は。

そうですか。武道を。
武道を学んでいると、体の使い方、心の働かせ方どちらも一緒ですが、
道理があることが分かりますね。
そうゆうきっかけを通じて、学生や若い人が自分の姿を見つめる経験を積んで行って欲しいと
願っています。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google