プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『誰かに見られてる』

お元気ですか?

各地から寒さの知らせが届くというのに、台風が接近しています。
地球が営んできた長い時間を思えば、大したことではないのかもしれませんが、
やっぱり異常気象なのでしょうか?

先日来、パートナーさんから借りた推理本を読んでいましたが、
その4冊目を読み終わりました。
正直なところ、長かった~と読了感はふぅっっという軽い疲れ。

「読んだよ。」とパートナーさんに報告すると
「ちゃんとブログに書いておいてね」と言われてしまいました。
読み逃げはダメ!ということでしょうか。

これまでの3冊をブログに書いていたのを読んだパートナーさん。
「つまらなくて、ごめんね。」と言い、「ロマンチック・サスペンスだから・・・」と笑っています。

そして、今回の『誰かに見られてる』。
「文春文庫だから・・・」と。
どうでしょう、出版社を信頼してハズレでないことを期待しながら読み始めます。

『誰かに見られてる』はカレン・ローズの I'M WATCHING YOU という原題。
あんちょこで主格が逆転した邦題にちょっと心配。出版社、気合入っているのかな?

本作はカレン・ローズのデビュー2年目、3作目にあたり、
全米ロマンス作家協会のRITA賞、2005年最優秀ロマンティック・サスペンス賞受賞作品だそうです。

こうゆう賞っていくつぐらいあるのでしょうね。

ストーリーは
シカゴの女性検事補が主人公。有罪獲得率が検事局トップという敏腕検察官ですが、
ある日、彼女の車のトランクに犯罪の証拠品と一緒に手紙が・・・
明らかに有罪なのに、陪審員の買収や理不尽な裁判官によって自由の身になった犯罪者を
誰かが処刑している。
しかもその誰かは彼女の事をよく知り、「あなたのつつましい僕」と名乗り・・・

お話としては何の特徴も無い話です。
彼女に協力するカッコいい警察官は「ロマンチック」たらしめるお決まりの登場人物。
野心満々で彼女を目の敵にする女性TVキャスターやギャング。
彼女が毎回のように食事をするダイナーのオーナー。

よくもまぁ、650頁も書けるもんだと感心してしまいます。
心理描写も場面展開も凡庸です。
だからでしょうか。日付と時間を小見出しにして話を進めています。
まさか、これで緊迫感をだせていると作者が思っているわけでは無いと信じたいですね。

さて、これまで読んできた4冊。
1冊目、女性は写真家で男性は私立探偵。
2冊目、女性は殺人課唯一の警官で男性は内部監査。
3冊目、女性はFBIの分析官で男性はその上司。
そして今回の4冊目、女性は敏腕検察官で男性は警察官。

どうも、女性は知的で才能豊か、男性は肉体派というステレオタイプのように見受けられます。

2冊目の『霧に濡れた死者たち』は作者が20年勤め上げた元女性警官ということで
作品にリアリティーが感じられたのですが、
それ以外の作品はどれもどこにでもあるようなストーリーと決まったような人物。
ひねりもなければ落もありません。

こんなんじゃ、そのうちに『ミステリーファン殺人事件』なんてお話が
書けちゃいそうです。
作者は私。あまりに質の悪い推理小説を読まされて、悶死する主人公。
その側でたんまりと保険金を手にし、若いつばめと乾杯をする女性が・・・

あっ、思考が低俗になってしまっていますね。

探偵小説三昧 の sugataさんの処にお邪魔して、何か面白そうなお勧めを
紹介していただくことにしましょう。

皆さんはどんなミステリーを読まれるのでしょうね。 

誰かに見られてる (文春文庫)誰かに見られてる (文春文庫)
(2006/03/10)
カレン・ローズ

商品詳細を見る



追記)
この記事を読んだパートナーさん。
「けっこう面白いって言っていたくせに。もう貸してあげない」って。
はい、私とパートナーさん 同じような趣味ですがことごとくジャンルが違います。
昨日も、NHKでショパンを1人嬉しそうに録画しているパートナーさん。
私が、バーンスタインのマーラーを録画したら、「どうぞ」ですって。

まぁ、ジャンルが違うから安心なのかもしれません。
誰しも、自分の領分は大切にしたいですからね。

斯くして、我が家は平穏。殺人事件の起きる気配は見当たらないようです。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

最近はなかなか進みません

杣人さまの読書時間を考えますと、私は昔と比べ何たることかと思って仕舞います。
毎日がゴチャゴチャと済んで行き、活字は身の回りに氾濫しておりますが、片付けもせず、積んである本を毎日横目で眺めています。老いはこうも怠惰になるかと我ながら呆れております。
最近は旗袍の本をどうしようかと悩んでおります。あと数年後には切実な話になることでしょう。

読書の時間

相子様、こんにちは。
私も近年特に視力の衰えを感じ、読書のスピードが極端に落ちています。
メガネが無いと廻りが見えず、メガネをかけると本が読めません。
ピノキオのジョゼッペ爺さんのように、鼻にかかったメガネから
覗くようにものを見たりもする自分の姿に思わず、苦笑してしまいます。

読みためた本、何時か読もうと買い集めた本は私の過去と未来をつなぎながら
大人しくしています。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google