プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

明石への旅

お元気ですか?

今日、土曜日の朝、私たちは明石へ向かい車を出します。
新しいカーナビは上手く案内をしてくれるでしょうか?

DSCN1388_convert_20101205210912.jpg

おや、行く手に虹が…、しかも、虹の端が山肌に吸い込まれています。
あぁ、あそこに宝物が埋まっているのでしょうか。
今日の、明石。なにか良いことありそうです。

途中で仮眠をとったりしたので明石に着いたのは、1時。
お昼ごはんを食べに「魚の棚」という商店街に向かいます。

信号待ちをしていると、パートナーさんの好きなマンホール。

DSCN1390_convert_20101206030325.jpg

子午線の街とあります。
明治19年に日本の標準時を東経135度と決めますが、
明治43年、明石小学校長会が日本標準時子午線が明石に通っていることを
子供たちに教えるために標識を建てたのが始まりだそうです。

ね、マンホールから思わぬ知識が得られるでしょう。

写真を撮っていたら、「明石は初めてですか?」と女性に声をかけられました。
「えぇ今着いたばかりなんです。」と言うと、
「じゃ魚の棚商店街に行ってみるといいですよ」と教えてくださいます。

明石の人は優しく人あたりがいいのでしょうか?ちょと嬉しくなります。

DSCN1392_convert_20101205211004.jpg  DSCN1393_convert_20101205211104.jpg

その、魚の棚商店街に着いた私たち。まずは腹ごしらえをしましょう。
左はパートナーさんの明石定食。当地ご自慢の明石焼きがうどんの中に浮かんでいます。
関東で言えば、たこ焼きなのでしょうが、こちらはそのたこ焼きが出汁の中にあります。
そのうどん版。
私のはタコ定食。好物のタコですが、お刺身と軟らか煮、それと酢の物。
もちろん、ご飯もタコ飯です。
もう、満足の一言。タコ好きの私にはたまらない美味しさです。

何時間も運転してきて美味しいご飯にありつけた喜びから、商店街探訪が期待に膨らんでいます。

DSCN1396_convert_20101205211203.jpg  DSCN1398_convert_20101205211257.jpg

名物のタコの姿干し。生干しでは無くしっかり干されたタコはどうやっていただくのでしょうか。
それにしても、お値段もとても幅があります。大きさや天日干しなどの違いなのでしょうね。

DSCN1404_convert_20101206021854.jpg

焼き穴子も当地の美味しい物の代表格。一串に4~5尾ほど並べられて焼かれています。
以前、岡山に行った時にも焼き穴子と白いご飯を買って、海鮮市場で昼食をとりました。
今回も、ちょと小ぶりの焼き穴子を買って、今晩のホテルで夕ごはんにしましょう。

DSCN1401_convert_20101205211353.jpg  DSCN1406_convert_20101206021943.jpg

そして先ほどお昼ごはんで食べたタコの軟らか煮。
貝や烏賊の煮物と一緒に売っています。色々集めて1500円。
これもいただきましょう。

明石海峡で捕れたというしらさえびがお買い得とばかりに並べらています。
ついつい、「どんな料理がいいの?」なんてお店の人に聞きながら覗いてしまいますが、
旅の途中です。せっかくの新鮮なお魚も買うことができません。
いつもちょっと残念な思いをするのですが、こればかりはどうしようもありませんね。

それでも、初めて訪れた明石の商店街。
人は優しく珍しいものが並びますからパートナーさんも楽しいようです。

「魚の棚」商店街では通路にワゴンやシートを広げて、お魚を並べています。
買い物客は皆さん地元のおなじみさん。

DSCN1407_convert_20101206022036.jpg

魚種も豊富でお値段も手頃なようです。ちょっと参考までに写真にとります。
値札と一緒に「昼網」という文字が見えます。
早朝の船の後、お昼近くに帰ってきた船の魚たち。それだけ新鮮だということなのでしょう。
「魚の棚」商店街の売りの一つのようです。

DSCN1408_convert_20101206022134.jpg  DSCN1409_convert_20101206022221.jpg



明石に来る道すがら、源氏物語の話をしたくてぽろぽろ会話の端に出てくるパートナーさん。
「源氏はね、須磨に流されてその後明石に来て、明石の君と・・・」と熱い会話が!

ごめんね、私は「源氏物語」にはあまり興味がありません。

でも船好きの私。フェリーの盛衰には関心があります。

DSCN1412_convert_20101205211453.jpg  DSCN1414_convert_20101205211548.jpg

明石海峡で長年にわたって人々の日常の足として活躍してきたフェリー。
明石海峡大橋の開通ですっかり利用者が減っていましたが、
たこフェリーとして再起をかけ、一時期は持ち直したかに見えたのですが、
休祭日の高速道路1000円の試みに追い打ちをかけられた形で、
にっちもさっちもいかなくなりました。

閉じられたフェリー乗り場、沈む陽を浴びながら、フェリーはその役目をどう変えるのでしょうか。


DSCN1418_convert_20101205211642.jpg

フェリー乗り場の近く、明石海峡大橋の見える公園では釣りを楽しむ人達が
のどかな一時をすごしています。

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

No title

ご無沙汰しておりますm(__)m

神戸・明石までおいでになったのですね!
この一番下の写真の場所は…多分私も時々行く場所だと思います( *^艸^)

虹も杣人さんご夫婦を歓迎してくれたのですね!
そうそう、虹のふもとには宝物があるっていいますよね!
だからかしら?
虹を見ると私がついつい虹を追いかけたくなる理由は…。

ルミナリエ、キレイだったでしょうね。
私は一度も見に行ったことがないんです。
行ってみたいけど、人ごみが苦手で…(^^ゞ

関西の見聞録なのに新鮮な気分で記事を楽しむことができました♪
ありがとうございます(#^.^#)

そうだ!れん様って叫ぼう!

れん様、ご無沙汰しております。
お忙しいご様子ですが、コメントまでいただき有難うございます。
最近関西づいておりまして、今回は姫路ではなく、明石!
鯛は食べませんでしたが、生まれてはじめて明石焼きなるものを口にしたのでございます。

あの公園、れん様いらっしゃるのですか?
じゃ、今度行ったら「れん様!」って叫んでみましょうか?
重機に乗ってカメラを構えて「よっ!」って声かけてくださいますか?

喜んじゃって、私、しっぽ振り振りになるかも?
(失礼しました。)

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google