プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『家守綺譚』

お元気ですか?

梨木香歩さんの『家守綺譚』を読みました。
先に読んだ『村田エフェンディ滞土録』とも繋がる作品ですが、
趣はちょと違います。

亡くなった友人高堂の家を預かることとなった綿貫征四郎。
庭のサルスベリに好意をもたれ、狸や竹の精に惑わされたりしながら
異界のものたちとの交流を在るが儘に受け入れていきます。
もちろん、亡き友高堂氏も掛け軸から出てきます。

異界とこの世とが当たり前に交流するお話。
梨木さんらしく、自然でしかも清々しい。

人は自らの内に異界を持ちます。
当たり前のようにそれを受け入れることの出来る人もいますし、
気がつかないですましてしまう人も多くいます。

私もづい分異界との交流をしてきました。
フランスで出会った幽霊のお話は以前書きました。←ご興味がありましたらクリックしてください。

それ以外にも私の不思議体験は日常的と言えるほどです。

夢を見ました。
壁も天井も見えない広い空間。何かの建物のようなものの中なのですが目の前に人が一人。
「見ていてごらん」と声にならない言葉で私に伝えてきます。
私が見ていると、半透明の緑の輪がその人の体をスキャンするように頭上から降りてきて
通りすぎるとその人も緑色に…

「それ、宇宙人に遭っているんだよ」と同僚が言います。
「そう?」とちょっと物足りない私。
せっかく宇宙人に遭ったのなら、いろんな話をしたかったな。

少し先の事が分かったり、失せ物探しが得意だったりするのは
私の異界とのお付き合いのほんの一部。
梨木さんの『家守綺譚』が違和感無く受け入れられます。

梨木香歩さん。
普段から狸に化かされたり、河童の抜け殻を干したりしている訳でもないでしょうが、
ごく普通のことのように語られるお話に、ちょっと感心してしまいます。

『家守綺譚』。梨木さんのお話では、自分の為の賄い料理のような感覚で書いていたものだそうです。
そうゆうお話を評したり論じるのは無粋。
梨木ワールドを楽しませていただいたお礼を申し上げて、終わりとしましょう。

家守綺譚 (新潮文庫)家守綺譚 (新潮文庫)
(2006/09)
梨木 香歩

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

No title

杣人さん、こんばんは。
『エフェンディ』から『家守奇譚』まで、梨木香歩さんの記事が3つ続きました。
杣人さんの読書から、日頃の穏やかなたたずまいの中に、精力的なご様子やお厳しい?ところなどを感じて、ますます感じ入っています。
それに、その中に異界のお話があるのがアンバランスで、杣人さんが物語の人物ように思われました。
ちなみに私は、日頃ほとんど何にも気付かないし感じません。何ごとにも鈍いようです。

ここ様、いらっしゃいませ。

年末のお忙しいであろう時に、お立ち寄りくださり有難うございます。
『西の魔女』をはじめて読んだ時から、こうゆう人なんだろうなと梨木さんを想像していました。
英国で児童文学を学んだせいなのか?それとももともと気質として備わっているのか?
強く興味を持った訳ではないのですが、なんとなく『家守綺譚』を読んで落ち着いた気がしています。

異界は誰にでもどこにでもありますが、無防備に近づくと痛い目を見ます。
あまり、はしゃいで話すことでもありません。

梨木香歩さん。今手元に『りかさん』と『沼地のある森を抜けて』が届いています。
ちょっと一休みしてから、読み始めることにしましょう。
梨木さんとの距離の取り方を考えないと、読み違えてしまうような気がしています。

いつもコメント有難うございます。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google