プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

函館の夜3 ひさご寿し

お元気ですか?

函館の記録三日目です。
日中忙しく仕事をしてお昼を食べるのもままなりません。

いつもパートナーさんに「何処か行きたいところある?なにか食べたい物ある?」
聞いて計画をするのですが、今日のお昼は前回来たときに行かれなかった
スープカレーのお店に行きたいとパートナーさんが言います。

近年評判のお店だそうです。
お店の場所の目あすはついていたのですが、雪の降る街。
車の窓は曇りがちで、お店がどこにあるやらわかりません。

路肩に車を停め、電話で確認すると2時半がラストオーダーとのこと。
時計は2時です。

DSCN1759_convert_20110124142432.jpg  DSCN1760_convert_20110124143640.jpg

チキンレッグのカレーとポークカレーがお薦めとのことでしたが、
すでにポークは売り切れ。二人して同じものをいただき、私はちょっと辛めにしてもらいます。

吉田商店という古いお店。昭和の初期には履物や雑貨を扱うお店だったようです。
名前を残しながら時代の中で生きていく姿。
ご先祖様も喜んでいらっしゃるでしょうね。

和風スープのカレーには大きくカットされた野菜や味付け卵、岩のりなんかが入っています。
唐辛子の香りが軽い口当たりのなかにもサッパリ感をだしています。
普通のカレーをスープのようにしたものかと想像していましたが、
独創性があって面白いですね。

DSCN1766_convert_20110124142526.jpg  DSCN1768_convert_20110124142557.jpg

この日、函館は朝から雪が降り続いて赤レンガの建物で人気の金森倉庫も真っ白。
降り積もる雪にボートも寒そうです。

食後もあれやこれやと動きまわって、ホテルに戻れたのが夜の8時。
昨日の唐草館があまりにも素晴らしかったので、洋食はもういいねということになり、
お寿司屋さんに行くことにしました。

私たちが普段行き慣れているお寿司屋さんは湯の川という温泉街にあります。
でも今回のホテルは宝来町という函館山の麓。
最近賑やかになっている五稜郭にもいい店があるようですが、
これから出かけるのも億劫です。

お酒も頂くのですから、なるべく近いところで探したいという思惑。

そこで、駅前に古くからあるひさご寿しさんに伺うことにしました。

DSCN1769_convert_20110124142627.jpg DSCN1770_convert_20110124142712.jpg DSCN1771_convert_20110124142747.jpg DSCN1772_convert_20110124142814.jpg DSCN1774_convert_20110124142847.jpg

DSCN1776_convert_20110124142923.jpg DSCN1777_convert_20110124142959.jpg DSCN1778_convert_20110124143034.jpg DSCN1780_convert_20110124143113.jpg DSCN1781_convert_20110124143145.jpg

お造りをいただきながら、ビールで乾杯。
エンジンがかかって来たところで、日本酒を常温で頂き、握ってもらいます。
板さんは呼吸を読みながら地のものを出してくださいます。

私たちも美味しく頂きながら、周りのお客さんの様子を楽しみます。

この日は、板さんのお知り合いらしい女性客二組と旅行客の若いお嬢さん。
それと出張で函館に来たと思われる男性客が入れ替わりで二人。
なかなか良い動きです。

寿司屋のカウンターでつまみながら、お客さんの会話や動きを背中で眺めるのは
私の楽しみの一つ。
芝居の舞台を楽しむような感覚があります。
会話の流れ、お客さんの入れ替わりによる場面転換。
寿司屋という空間の中で、適度な緊張を測りながら私たち皆が役者です。

お店のお薦めのお酒、国稀 鬼ごろし も程よい辛さで美味しく、
日本最北の酒蔵、増毛町のお酒ということで、三國シェフの話が盛り上がります。

程良く函館のお寿司を堪能した私たち。

DSCN1786_convert_20110124143402.jpg

雪あかりの中を走る路面電車に乗ってホテルへ帰ることにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google