プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

金沢 冬の観光(お土産編)

お元気ですか?

冬の金沢を楽しんだ私たち。
お決まりのお土産を買って帰路につく事としましょう。

ホテルをチェックアウトする前に、近江町市場に向かいます。

DSCN1851_convert_20110206064556.jpg  DSCN1852_convert_20110206064618.jpg  DSCN1853_convert_20110206064716.jpg  DSCN1854_convert_20110206064829.jpg

寒鰤に輪島や氷見からの近海のお魚、そして越前蟹が並ぶ近江町市場は
私たちのお気に入りです。お魚を少し購入。

そして近江町市場でのお気に入りのもうひとつは、お酒の大沢さん
北陸の地酒が丁寧に揃えられていて、地元のお客さん観光客ともに人気のお店です。

DSCN1946_convert_20110208121134.jpg  DSCN1948_convert_20110208121201.jpg  DSCN1953_convert_20110208121456.jpg

若いご主人に好みのタイプを話しお薦めのお酒を選んでもらいます。
前回は手取川のあらばしりと生酒、加賀鳶の純米吟醸を頂いています。
今回は鹿野酒造さんの常きげんをお薦めしてくださいました。
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で杜氏さんの仕事を紹介して知られたお酒です。
もう一本は車多酒造さんの五凛というお酒。これも初めてのお酒です。

さぁ、準備は整いました。
帰ることにしましょう。

帰路、パートナーさんの希望で越前岬水仙ランドに寄ります。
鯖江のインターを降りて山を越えながら海岸線に向かうと、除雪車が活躍しています。

DSCN1935_convert_20110208120733.jpg  DSCN1941_convert_20110208120855.jpg

DSCN1938_convert_20110208120821.jpg  DSCN1942_convert_20110208121011.jpg  DSCN1943_convert_20110208121039.jpg

雪の残る山肌に植えられた水仙たち。
小振りな花をつけて凍えています。
一面の水仙というわけにはいきませんが、パートナーさんは満足したようです。

越前蟹の売店が並ぶ海岸線を走り、敦賀から高速に乗りましょう。


処々で渋滞に遭ったものの夕方には戻り、スポーツジムで体をほぐして
お風呂に入ってさっぱりします。

家に戻り、魚を干したりお刺身に卸したりして旅の余韻を楽しみます。
夕ごはんのおかずは、近江町市場で求めた鰤のかぶら寿し。
それに、タコの柔らか煮。(初めて作ってみました。)

DSCN1951_convert_20110208121244.jpg  DSCN1956_convert_20110208121422.jpg

もちろん、デザートは私たち手作りの上生菓子です。

DSCN1934_convert_20110208120708.jpg  DSCN1954_convert_20110208121318.jpg

今回の冬の金沢を楽しむ旅。
美味しいものも楽しみましたが、なによりも印象的だったのは、
金沢の町全体が文化施設として機能していること。

訪れた文化施設は個人が始めたものを市が引き受けて発展させています。
博物館や美術館、季節ごとのイベントを考えると
何回でも行きたくなります。

500円で一日乗り放題の周遊バスのチケットはエリア内なら他のバスにも乗ることが出来、
公共交通の利便性を高めています。
旅行で訪れた観光客にとっては乗るたびに料金を気にしないですむこうゆうシステムは
とても気持ちのいいものです。

そんな事を思い出しながらネットを散歩していたら、
金沢まちづくり研究機構」という活動と各種研究報告を知りました。
主役は市民です。

伝統のある金沢の町にあって、住んでいる人たちは
さらなる何かを探し求めているのでしょう。
それが歴史に裏打ちされた自信であり住民の力なのでしょうか。

M'sデリ&カフェの松田シェフから、兼六園がミシュランで紹介されているので
フランス人観光客が多いという話を伺いました。
能作で買い物をした時に銀聯(ぎんれん)カードの案内があったのでお話を伺ったら、
能作さんのすぐ近くに21世紀美術館があるので、フランス人がお店にも訪れるそうです。

金沢の力が世界に広がっているのは嬉しい話です。


私たちは、自分の町で何が出来るでしょうね。

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

魅力の金沢

杣人さま 金沢の魅力をいろいろな角度から拝見させて頂きました。今年の9月頃中国時代の小学生の仲間との集まりが金沢です。
参考になります。有難うございます。
一度しか行っていませんので、兼六園しか知りません。

お楽しみください

相子様、コメント有難うございます。
金沢が文化都市としてコーディネートされている事がよくわかり
とても楽しい訪問でした。ご参考になったならなによりです。

是非素敵な集まりを金沢でお楽しみください。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google