プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『探偵、暁に走る』

お元気ですか?

アレルギーでくしゃみや涙目が収まらないので近くの医者に行きます。
症状を説明し、点鼻薬や目薬をもらい採血と注射。
看護婦さんは「痛いけど我慢してね」と言いながら
「今日は鼻炎の注射ばっかり」となんだか同じ注射ばかりで飽きちゃったご様子。
まぁ、お仕事ですから同じ注射ばかりでつまんないとも言えないでしょうが、
「お疲れ様です。」なんて思わず慰めたくなります。

東直己の『探偵、暁に走る』を読みました。
ススキノの便利屋〈俺〉シリーズの長編第8作目です。
このシリーズでまだ読んでいないのは3作目とその次に出た短編集。
それと最新の長編9作目になる作品。
順調に読み進んでいます。

今回のお話。
『探偵はバーにいる』で28歳で登場した〈俺〉も本作では50代になり、
少なからず体力や気力の衰えを感じるようになっています。
画家と知り合った〈俺〉は二人で地下鉄の線路に落ちたお婆さんを助けますが
その画家が殺され…

またしても、〈俺〉は友達の画家の死の真相を知るため走りまわることになり、
振り込め詐欺グループや産廃業者らとぶつかります。

東さんの作品は、所々に時事問題が散りばめられています。
北海道のY市を思い出させる破綻した地方行政であったり、
T銀行を思い出させる北海道老舗銀行の放漫経営であったり、
大手スーパーの進出とシャッター商店街の誕生、
都市の空洞化と地上げ業者の暗躍であったり…
高齢化社会や職に就けない若者の問題なんかも出てきます。

そうゆう時事問題を上手に織り込みながら物語が展開していくのがまた面白いのですが、
時に東さんの主張が熱く語られている場面にちょっと苦笑いしてしまうことも事実です。
そして〈俺〉シリーズではその傾向が少しずつ熱を増しています。

今回の『探偵、暁に走る』で槍玉にあがっているのは、ソーランダンス。
近年、北海道の名物のように、ソーラン節(のような)を大音量でかけて
若い人たちが法被でも着物でも無い衣装で、無節操に体を動かしている集団。

〈俺〉はソーランダンス(呼び方はこれでいいのだろうか?)の仕掛け人をはじめとし
イベント屋、行政、商店街もろもろのダークなところを嫌います。
行き場の無い若者をソーランダンスで踊らせて食い物にしている構図。
まぁ、そんなこともあるでしょうね。

私も、実は大嫌いです。
ソーランダンスばかりではありません。東京の商店街で阿波踊りを踊るのも嫌いです。
それを真似て我が町でもと企画する人たちにも呆れてしまいます。
文化でも民衆芸能の発芽でもないただの騒音騒乱だと思っています。

〈俺〉は地方行政の文化補助予算に乗っかって踊る似非文化人も鼻で笑います。
アイヌ問題に理解のある顔をしてしたり顔で集まる地域文化の代弁者のような
顔をした自称文化人。何処にでもいる偽物。


まぁ、人は一人では生きていません。誰かが小さな仕組みをつくると
それに群がってだんだん大きな仕組みが出来てきて解けばもろいのですが
意外とこんがらがった構図に育ってしまって気がつけば身動きが出来ない
なんてことはあちらこちらにあります。

これまでも東さんは〈俺〉シリーズや他の作品でもそうした胸の内の怒りを
語っていますが、今回はちょっと熱いようです。

と思いながら読んでいたら、

それは困る。塚本といっしょに寿司屋に入るのは恥ずかし。一度で懲りた。
この女は、水のことを「お冷や」と言い、醤油を「ムラサキ」と言い、
生姜のことを「ガリ」と言い、お茶のことを「アガリ」と言い、
「ごちそうさま」と言うべき時に「お愛想お願いします」と言うのだ。
そんな人間と寿司屋に入るなど、考えただけでも…


と出てきた。

あちゃ~。これ私が時々言っていることとそっくり同じではないですか。
(以前書いた寿司屋話をご参照ください。)

鮨屋の思い出
鮨屋の思い出2
鮨屋の思い出3

こんなこと書いていたんですね。

東さんの作品に散りばめられた、時事問題への憤懣や似非ものへの怒り。
言い過ぎると作品が壊れますが、ブレーキをかけると力がそがれます。
微妙な温度。


私も注意しておじさんモードが熱くなり過ぎないようにしなくっちゃ。


探偵、暁に走る―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)探偵、暁に走る―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)
(2010/01/10)
東 直己

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google