プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

四国の旅…高松は水の都

お元気ですか?

3月10日の午後2時46分ごろ東北地方太平洋沖地震が発生した。
当時、私は中央道場で弓道の練習中。
射位に立ち甲矢を射たあと、足元が静かに揺れている。
あれ、貧血だろうか?と思ったがどうやら違う。「地震だ」と皆で言い管理人室のTVをつける。
大変な地震だ。

携帯電話で連絡をとろうとして通じず心配顔のメンバーもいる。
当地にも津波の警報、避難勧告が出た地域もある。
練習を早々に切り上げ家に戻り、函館の両親、東京の知人らに連絡をとり無事を知る。
だが仙台に親戚の居る知人とは連絡がつかない。

被災した皆さんと関係者にお見舞いを申し上げるとともに、
全ての人が力を合わせこの難局を乗り越える事ができるよう願う。


地震による高速道路の混乱が予測されたので、予定より早く11日4時に家を出た。
四国に向かうとは言え、和歌山では津波による高速道路の通行止めの掲示が出ている。
家で見たニュースでは高松でも3mの津波予報が出ている。
カーナビについているTVをかけながら走っていると、
対向車線では警察や消防の車両が東京の方に向けて走っている。手を合わせるような思いである。

鳴門を経て高松に着いたのが昼前。
渦潮は大潮のタイミングに合わないのと、津波を考慮して今回は見合わせたが
うどんは食べよう。

DSCN2073_convert_20110314050737.jpg  DSCN2074_convert_20110314050842.jpg

何処が美味しいなど旅の者に分かりようもないので、ガイドブックを頼りに選ぶ。
注文のしかたからして初めての体験。
店の奥に女性が一人うどんの入った箱の横に立っていて、一玉なのかどうかうどんの量を尋ね、
温かいのか冷たいのかも追いかけるように聴いてくる。
卵はどうか天ぷらはどうか…。

私は、二玉、冷たい汁に生卵、天ぷらを選ぶ。
パートナーさんは一玉、温かい汁に天ぷら。
うどんはコシがあり、汁もしっかりして美味しい。
他の店と比べようも無いが、嬉しく満足した。

DSCN2094_convert_20110314051933.jpg  DSCN2076_convert_20110314050947.jpg

食後、栗林公園に向かう。
国の特別名勝公園に指定されている公園で、全体を見て歩くには1時間ほどかかるがその価値はある。
紫雲山、稲荷山を背景に池を配しながらの景観はおおらかである。

DSCN2089_convert_20110314051621.jpg  DSCN2091_convert_20110314051820.jpg  DSCN2090_convert_20110314051718.jpg

讃岐民芸館に立ち寄る。

DSCN2080_convert_20110314051111.jpg  DSCN2083_convert_20110314051355.jpg  DSCN2084_convert_20110314051445.jpg  DSCN2081_convert_20110314051208.jpg 

箪笥や行李、綿をつむぐ道具などが並ぶ。
無骨な大皿も力強い立派なものだ。
使っていた人の心が伝わってくる見ごたえのあるものが展示されている。

商工奨励館という地域の物産を展示販売している建物も覗く。
漆器やうちわが売られ、鬼瓦が展示されている。


DSCN2122_convert_20110314052920.jpg

続いて、玉藻公園を訪れた。
ここは高松城があったところ。水城で有名なところである。

ここはパートナーさんの歴史解説が光彩を放つ。
大河ドラマ、『江』を我が家では楽しく見ているのだが、
先日、織田信長が本能寺の変で襲われた際、この高松城を攻めていたのが豊臣秀吉。
高松城を水攻めし、情報を遮断していたことを利用し、和睦に持ち込み、明智光秀を打ちに
取って返す。

こうゆう解説がパートナーさんからすらすら出てきて、私はとっても楽しい。
有り難きは歴史好きのパートナーさん。

そのパートナーさん。「鯛の餌やりが出来るんだよ」と嬉々としている。
入場料を払うと同時に餌を50円で買って足取りも軽い。
「高松城のお堀は海水を引いているから、お堀に鯛が泳いでいるんだよ」
となるほどと思わせる説明も…

DSCN2100_convert_20110314052053.jpg  DSCN2106_convert_20110314053515.jpg  DSCN2112_convert_20110314052501.jpg  DSCN2101_convert_20110314052151.jpg

餌を与えられるポイントには「鯛願成就」という語呂合わせののぼり旗が立っている。
堀の上から鯛の泳ぐのを見て餌を撒くと、数尾が近寄ってきて水面に口を出して餌を食べる。
面白い。高松を訪れる人には是非お薦めしたいお遊び。
これで願いごとがかなうなら尚良いのだが…。

公園内の披雲閣という施設では、囲碁の大会と歴史研究の市民サークルが集まっていた。

DSCN2116_convert_20110314052610.jpg  DSCN2117_convert_20110314052702.jpg  DSCN2118_convert_20110314052819.jpg  

高松。初めて訪れたが、なかなか楽しい。






スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google