プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

龍の見る夢

お元気ですか?

天気予報では九州は雨。当地も曇り空が続き今夜遅くから降り出す模様です。

雨の九州でお仕事をされている「風の中の散歩」のここ様のブログ。
数日前のタイトルが「まどろむ」でした。
いつも独特のタッチで描かれるその内容も素敵なのですが、私は「まどろむ」というタイトルに
刺激を受けて感情と記憶が飛んでいきます。

まどろむ・・・。
私の生活はいつも夢の中のようなもの。決して寝ぼけているわけではありませんが、
何処か現実の世界を離れて眺めているようなところがあります。
私の生きているこの世界は夢なのかもしれない。そんな事をよく思います。
毎夜見るリアルな夢を起きてから記憶して楽しんでいるのは
夢と現実との境界が曖昧だからなのかも知れません。

ここ様の「まどろむ」というタイトルを見た瞬間、私の頭の中では龍の見る夢という言葉が
あちこちにぶつかり跳ね返りながら飛び回りだしています。

龍の見る夢・・・。
そうだ、以前読んだ狩野あざみの『亜州黄龍伝奇』という本は黄龍が人の姿で転生するお話。
混沌とした気を持つ黄龍。この世界は黄龍の見る夢で、青竜、白虎、朱雀、玄武はその黄龍の
眠りを守るためにいるのだが、黄龍を手にいれると世界を支配できると信じる人間の欲のために・・・。
まぁ軽い読み物の冒険譚です。でも世界が黄龍の夢そのもので、目覚めると世界はどうなるのか・・・。
という設定が面白く読んだのを思い出しました。

「ねぇ、狩野あざみさんの本まだ持っていたよね。」と私。
「ダンボール箱に入っているから、納戸にあるよ。」とパートナーさん。
もともとパートナーさんが読んでいたのを勧められて私も気に入った本です。
どのダンボール箱だったろうとごそごそやって見つけ出します。

私は龍が好きです。
母が「貴方が生まれる時に龍の夢をみたから、あぁ男の子だなって思ったの」と聞かされていました。
龍の子太郎の絵本が大好きで、従兄弟の家にあった絵本は遊びに行くと必ず読んでいました。
私自身夢で龍を見ることもあります。もちろん五爪龍です。
龍行虎歩なんていう言葉も高校の漢文で知ってから心の中に置いてあります。

でも、私の中の龍はいつまでまどろんでいるのでしょう。
いい加減起きだして欲しいのですが・・・。

そういえば、今来日しているブータンの国王夫妻はなかなかの人気です。
ブータンは龍の国。チベット仏教を国教としていますから転生の国でもありますね。


DSCN3214_convert_20111118200359.jpg

私の読んだのは徳間文庫。
今はAmazonに徳間ノベルズの古本しか載っていないようです。
狩野あざみさん、最近は執筆していないのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

somabitoさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?
そういえば来年は辰年。
記事を拝見して、ああ、龍も夢を見るのだなあと思いました。この世が龍の夢であれば、私の生も、その夢の片隅の静かな背景だなと思って、少し嬉しく。
ブータンの王様も、テレビで拝見するだけでしたが、龍が人の姿となって現世を生きておられるのだと思われるような方でした。
お母さまの夢のお告げ、きっと杣人さんもそうですね。

夢は続く

ここ様、コメント有難うございます。
ここ様のタイトルから勝手に夢想を広げ失礼しました。

龍の見る夢の中で70億人の人が、いえいえ、犬や鳥や花も夢を見ますから
すべての生き物が夢の競演をしているのかもしれません。
私はどのパートを受け持っているのでしょう。
一瞬でも良いので涼やかな音色を皆で演奏したいものです。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google