プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『デセプション・ポイント』

お元気ですか?

昨日までの穏やかな天気から冷たい風の吹く天気に変っています。
東京では6年ぶりに4㎝の積雪とニュースで報じています。
東京時代マンションの駐車場で雪かきをしたのを思い出しました。


ダン・ブラウンの『デセプション・ポイント』を読みました。
以前にも読んでいたのですが、未読とカン違いして読みだしたのです。
読み進んでも手に取ったことあったのかな?と曖昧にしか記憶に上がって来ません。
パートナーさんに「読んだことあるよ。」と言われても思い出せないくらいです。

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』でヒットした作家です。
上記2作は図象学者のラングドンを主人公としたものですが、『デセプション・ポイント』
国家偵察局(NRO)の職員で機密情報の分析評価を担当するレイチェルが主人公です。

ストーリーは
大統領に直接呼び出されたレイチェルはNASAが発見した隕石の真偽を評価するよう
北極海の氷河に行くが・・・。

国家偵察局分析官、デルタ・フォース、大統領候補の上院議員と秘書、大統領上級顧問・・・
と登場人物をならべてみるとトム・クランシーの小説を思い出します。
しかも、極秘任務中の原子力潜水艦が出てくるにいたってはどうなの?って感じます。
(もっとも北極海に原子力潜水艦は決まりものですけどね)

細かく章を区切って場面展開をする書き方も読者を飽きさせない刺激的な方法でしょうが
頭の中では映画館でスクリーンを観ているような感覚がつきまとってしまい
文章に集中するという読書本来の醍醐味からはすこしずれてしまう気がします。
これは、トム・クランシーでも同じでしたね。
トム・クランシーが出たときには、28年ほど前ですがRPGのようだと面白く思ったのですが、
娯楽作品として面白いものが小説として優れているかというとそうとは限りません。

ダン・ブラウンはどうなんでしょうね。
『ダ・ヴィンチ・コード』では聖杯伝説をテーマに虚実おりまぜて面白く仕上げたと関心。
『天使と悪魔』もバチカンのコンクラーベを舞台にしてよく書けていたと思います。
もっとも、ローマの街中を後手後手に探しまわる『天使と悪魔』よりも
『ダ・ヴィンチ・コード』の方がスケールが大きくて私は好きでした。

「ねぇ、『天使と悪魔』ではヘリコプターから飛び降りたのはラングドンだよね。
反物質が爆発したのに飛び降りて助かるなんて荒唐無稽すぎない?」と私。
「映画観てみる?」ってパートナーさん。

ということで、日曜日はダン・ブラウンの日になりました。
道場の練習から帰ってくるのを待っていたパートナーさん。
『天使と悪魔』のDVDを用意しています。コーヒー飲みながら始まり始まり。
小説とは違うところがいくつもあって話に厚みがありません。
ラングドンもハリスツイードを着ていませんし、ヘリコプターから飛び降りません。

夕食をはさんで『ダ・ヴィンチ・コード』をみます。
聖杯伝説とイエスの血脈を上手につなげて大きなドラマにしています。
図象学という面白い視点を前面に出した新しさも成功した要因でしょう。

オドレイ・トトゥが好きな私は楽しく見れますし、X-men に出ていたイアン・マッケランも
重要な役で出ているんですね。

ダン・ブラウン。
難しいことを言わないで、娯楽作品として気楽に読む分には楽しいかもしれませんね。
ちなみに『デセプション・ポイント』は登場人物がそろった所で話は見えてしまいます。
単純明快な冒険活劇としてのお楽しみならOKです。

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
ダン ブラウン

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

No title

オドレイ・トトゥはいいですねぇ。実は私もファンです。
『アメリ』はもちろんですが、セバスチアン・ジャプリゾの『長い日曜日』を原作にした『ロング・エンゲージメント』のオドレイ・トトゥも好みです(;^_^A

mercibeaucoup

sugata様、いつも思わぬ所でコメントを頂きニヤってして仕舞います。
トトゥは『アメリ』からのファンなのですが、仰るように『ロング・エンゲージメント』のような
ちょっと御伽話のような作品にはぴったりの演技をしますね。



杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google