プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

WOWOWでドラマを観る

お元気ですか?

当地、今日は青空が広がり陽ざしもあります。
でもそれは家の中から見えている世界。一歩外に出ると強く冷たい風で
ぶるっと身震いをし、風に飛ばされないよう足早に歩かなければなりません。

「北海道の雪の中で育ったんだからこのぐらいなんでもないでしょう」とパートナーさん
は言いますが、そんな事は全く無くて、寒いのは苦手。
我事ながら、子供の頃はどうして雪の中で転げまわっても平気だったんだろうと不思議です。


先日、家の郵便受けにケーブルTVの加入案内のはがきが届いていました。
ふぅーんこのあたりではこれからなんだと初めて気がつきます。
東京でマンションぐらしをしていた時は、すぐ近くにケーブルテレビの本社があり、
入居すると同時に加入しました。
その何年か前にwowowの放送が始り、会社の女子社員はツイン・ピークスの話題なんかを
おしゃべりしています。
当時は私もパートナーさんも仕事が忙しくTVドラマを見ることなんてほとんど出来ませんでした。


先日、wowowで放送していた「クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル」 という
番組が13回で終了しました。「クリミナル・マインド FBI行動分析課」という番組のスピンオフ作品
という触れ込みで始まった番組です。
本家、「クリミナル・マインド FBI行動分析課」は連続殺人犯シリアルキラーをFBIのプロファイラー
チームが追うというお話で、『羊たちの沈黙』以来花形になったプロファイリングを用いて犯人を
見つけるというお話。

捜査官の人物像がストーリーの展開に織り込まれながら上手く描かれていますし、
プロファイリングというテーマを使いながら犯人像が浮き上がってくる様子が
ドラマの中で生きています。
これは、監督の手腕もさることながら、脚本を書いている人たちの技術が高いからでしょう。

そのスピンオフ作品ということで「クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル」が紹介された時、
正直なところ果たしてどうなんだろうと思っていました。

スピンオフ作品というのは沢山あります。
「CSI」からは「CSI・マイアミ」「CSI・ニューヨーク」があります。
先日ちょっと思い出した「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」は「600万ドルの男」から
生まれた作品です。
日本でだって「踊る大捜査線」のシリーズから「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎次」
といった登場人物の一人に焦点をあてて面白い作品が作られていますね。

でも、今回の「クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル」はどうでしょうか。
登場人物はコンピューター担当のガルシアを除いて全く違う人たちですが、プロファイリングという
やることは一緒です。FBIですから全米何処へでもいけます。CSIのようにマイアミやNYといった
土地柄を作品の要素に違いを描くこともありません。
FBI長官直属の非正規チームという設定と型破りな手法で犯人を追い詰めるというのですが・・・。

第一話を見るなり、あぁ、これはダメだ。とすぐ思いました。
人物が全く描けていません。フォレスト・ウィテカーがサムというリーダ役を演じていますが、
人物像がハッキリしません。他の登場人物も同様。

FBI長官直属の非正規チームというなら、それなりの暴れ方が出来たり逆に非正規ゆえの不都合や
悩みがあってもいいのにそんな事は全く出てきません。言葉だけの直属非正規チーム。
型破りな手法といってもなんにもありません。
プロファイリングをしながら自分の出したプロファイルを否定してみるとか・・・。
何か方破りと言える面白さをアピールしなければ独自性が打ち出せないのでは。

こうした設定の不備に加えて脚本の不味さは目を疑います。
主人公たちはストーリーの中で少し絡み合いますが、他の登場人物たちとの絡みが薄くて
ドラマになっていません。
最も酷いのがシリアルキラーの犯人像が全く書けていないこと。
観ていて情けなくなるくらいです。

毎週見るたびに、今回のストーリーは何処が悪いのか、何を描こうとして何が描けていないのか
そんなことを興味をもって見る、へんな見方になってゆきます。

アカデミー賞も受賞しているフォレスト・ウィテカーの出演料が高くて番組が維持出来なかった
という話もネットには見られますが、その真偽よりも番組の出来の悪さで打ち切りといったほうが
私には納得出来ます。

アメリカの厳しいショウビズの世界にあって、久しぶりに駄作を見たという驚き。
昨日書いた『パズル・パレス』も今日の「クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル」も、
あまりネガティブなことは書きたくないのですが、書いちゃった。
そのくらい、驚きだったとご理解ください。


クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル


「クリミナルマインド 特命捜査班 レッドセル」
ところで、このレッドセル ってどういう意味なんでしょう。赤血球?

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google