プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ラ・サリーブの利きワイン会 第4弾

お元気ですか?

昨日は一日中断続的に風吹になった当地。
青空が見えたかと思うと濃い雲がやってきて冷たい風に細かな雪が舞っています。
アスファルトの道路の上も凍ってキラキラして歩くのに注意がいるよう。
子供がシバレた土の上で傘をさしながらスキップをしています。


ラ・サリーブのワインの利き酒会に出かけてきました。
第一回から参加し、二回目は全問正解。三回目は希望者が多く欠席。
今回はマダムから「普段飲めないようなワインを出すので是非来てください」とお誘いをいただきました。

6時半のスタートですが、ちょっと早めに伺いマダムやスタッフの方とおしゃべりしながら
お客さんのいらっしゃるのを待ちます。
インフルエンザの影響で来られなくなった方もいて参加者は9名とちょっと寂しいですが、
以前にもご一緒した方が何人か見られます。

DSCN3593_convert_20120202224247.jpg  DSCN3596_convert_20120202224315.jpg

右のリストをご覧ください。
今回の目玉は3~5の赤ワイン。
イタリアトスカーナーの93年もの、スペインの95年もの(このワインは良い年しか作らないのだそうです)。
そして、フランスブルゴーニュのグランクリュ、2001年。

どれも、普通の試飲会ではそうそう出てくるワインではありません。

さぁ、まずは白から始めましょう。

アルザスのリースリングとフランスローヌ地方のマルサンヌとの違いをみます。
リースリングはドイツワインでは定番で酸味のしっかりしたのが持ち味。
爽やかなリースリングは青りんごのような風味です。
今回のアルザスはすこしトロッとした厚みのある酸味です。

マルサンヌは下草の青臭い匂いとデイジーのような花の香がうっすらとしています。

匂いをかいだだけで区別がつきますが、リースリングを口に含みじゅじゅって空気を
混ぜてあげると酸味がたってきますので一目瞭然です。
(これは他の皆さんも当たったようです)

DSCN3598_convert_20120202224334.jpg

続いて赤ワイン。
3本とも年代が古いので、ちょうどピークにきている感じ。枯れ具合も良い感じです。

まずは左のグラスBから試してみましょう。
匂いはたってきません。口に含むとうっすらとした渋みの中にキラっと甘味を感じます。
ピノ・ノワールで無いことはわかりました。

水で口をすすぎ、次は真ん中Dのグラスです。
色の具合はBと同じようで枯れた感じがしています。
口に含むと紫色を連想させる複雑な味がします。これは、スペインのテンプラニーリョでしょう。
スペインのワインは吉祥寺のドス・ガトスでいつも飲んでいますから、
私たちには馴染みがあります。他の方よりちょっと有利かも知れませんね。

そして、最後Aのワイン。
馴染みのピノ・ノワールの感じがするのですがグランクリュのクラスになると
華やかな感じではなく落ち着いた趣をかもしていますから、普段飲んでいる若い
ピノ・ノワールをイメージしていると判断が狂います。

パートナーさんは今日風邪気味で鼻があまり利かないと、ひたすらワインの色を観ています。
私は自分の鼻と舌を信じて決めます。

DSCN3599_convert_20120202224359.jpg  DSCN3601_convert_20120202224421.jpg

金柑のコンポート。
猪のハムにトマトのムース、鴨のレバーなどが舌に心地よいですね。

DSCN3603_convert_20120203100928.jpg  DSCN3613_convert_20120202224543.jpg

ソーシッソン(野菜を練り込んだソーセージ)に地元の牛。
両方共ソースはシェフの優しさが上手く出た良い感じです。
牛の付け合せはパセリの根(根を食べる種類のパセリなんです)と
シェフが育てたさつまいもです。

DSCN3614_convert_20120202224608.jpg  DSCN3615_convert_20120202224634.jpg

バルサミコに漬けた紅ほっぺイチゴをデザートにしてお終い。

私たち、全問正解でした。
私は舌と鼻で。パートナーさんは色だけで。
なんだか微妙にパートナーさんに感心してしまいます。

DSCN3618_convert_20120202224736.jpg

ピタリ賞をちょうだいしてご機嫌なのは、私たちの他に2名。
マダムいわく、「皆さん腕を上げてきてびっくり!」

楽しいワイン会でした。

ところが、代行運転を頼んで帰ろうとすると道が凍って見合わせているとのこと。
タクシーを呼ぶ人、別な代行さんに連絡を取ってみる人、思わぬハプニングです。

私たちも、代行はやめて歩いて帰ることにしました。
まぁ、美味しいもので機嫌がいいから、少しぐらいの寒さは我慢しましょう。

ラ・サリーブさん次回も難問で楽しませてくださいね。


スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

何時もながら

杣人さんの感性に驚かされます。
何でも良いと言う私のレベルと大違い。
前回も今回も全部正解とは。奥さま共々素晴らしいですね。

久しぶりに真剣です

相子様、お久しぶりです。
寒い折いかがお過ごしですか?

いつもは家庭料理にふさわしいお安いワインを楽しんでいます。
でも、せっかくのワインのテースティングの会ですから錆びれた脳みそをフル回転しました。
けっこ真剣勝負だったんです。

関東はまだまだ雪が続きます。どうぞご自愛ください。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google