プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ちょっと一言2

お元気ですか?

昨日は東京に出かけて用事の合間に道場で練習。
今日は天竜二俣の射会に出かけてお仲間さんと弓を楽しむ・・・
と充実した週末。心が喜んでいます。
皆さんはどんな週末をすごされたことでしょう。


先日、歯医者さんに行ったら待合室に歯のレントゲン写真の放射線量に関する
ポスターが貼られていました。
歯1~2本をポイントで撮る場合は0.01ミリシーベルト。
口全体の場合でも0.02ミリシーベルトと極微量で、歯のレントゲン写真撮影が
安全で治療には必要であること伝えています。

なるほど、気を使っているんだなと感心しましたが、
そのポスターには、日常の生活で受けている放射線のことも描かれています。
放射線は地域によっても違いますし、高い建物や飛行機に乗っても受ける量が変ってきます。
日本とアメリカを往復すると、0.2ミリシーベルト被曝するそうです。

今回、被災地の瓦礫処理に関して、原発被害地域のものでないにもかかわらず
焼却処理を反対するのは判断の整理が出来ていないというのがあると思います。
感情が邪魔をして問題点の整理が出来ない。
普段の生活ゴミの焼却でも放射線が出ているという事実も受け止められないそんな中で
被災地のゴミを全国で受け入れて処理をすることの判断が出来ないのでしょう。

知らないという事は不安や恐怖を感じる最大の要因です。
でも、正しい情報を知っているからといって不安を感じないかというとそうゆうものでも
ありません。そこが我々人間の難しいところです。
正しい知識と判っていてもそれを受け入れることが出来ないこともあるのです。
自分の判断を信用出来ない・・・。

こうゆう時は、信頼出来る人の言葉に判断をゆだねて安心します。
お父さんが言っているから大丈夫。先生が言っているから、好きなタレントがそう言うから・・・。
私達は多くの判断を他人に任せて安心するのです。

今回の災害では、任せていた政府、電力会社の信頼が揺らいだことから不安が止まらないとも
言えます。これらに替わって判断を任せられる誰かを必要としているのかもしれません。
任せられる誰かがいない場合は、徹底してわかりやすい説明を繰り返し行うしかないでしょうね。
補償を行うとか風評被害を防げば納得するといった問題ではないのです。

もう一つ。
金曜日の夜のNHKニュースに野田総理が出演しインタヴューを受けていました。
その中の一こまに、アナウンサーが国民の関心事としてもっとも高いのが
年金と社会保障の問題であり、一番不満を持っているのも同じ年金と社会保障の問題だ
と言って、野田総理に質問していました。

これは、至極当たり前のことです。
なぜなら、政府は国会でも他の場所でも年金と社会保障の問題を言っているからです。
アナウンサーは関心を持っているのに不満も多いと言いますが、
関心が高いからこそ不満も多いのです。
私達国民は他の問題、例えば子育て問題や公務員改革や選挙制度の見直しや・・・
といった問題に関心があったとしても、毎回聞かされている年金と社会保障の問題が
一番と答えてしまいます。そして、よくわからないから不安だと思うのです。

私達が一番注意し警戒しなければならないのは、あまり話題に登らないうちに
何処かでいつの間にか話が進み決まってしまう。そう云う事態です。

私は、現民主党政権に満足しているわけではありません。
でも、年金問題は自民党政権時代に長い時間をかけて問題を放置していた結果です。
放漫な運用を許してきた結果です。
原子力政策も、戦後の先進国への仲間入りという夢の中で原子力開発が進み、
補助金という飴をばらまきながら国民を黙らせてきた結果です。
沖縄の基地問題だって自民党は何も解決していません。

確かに民主党は掲げたマニフェストを実行出来ていないところもあります。
沖縄問題では鳩山氏の迷言で混乱を引き起こし、沖縄県の方々の不信を広げたでしょう。
しかし、日々状況は移り変わっています。リーマンショックやヨーロッパ危機、
震災に原発事故・・・。出来ること、やらなければならない事の優先順位も変っています。


政府は、今の日本の現状をどう捉えて、何をするべきと考えているのかを
中学生でも分かるような言葉で丁寧に国民説明し、その上でどうゆう優先順位で
物事を進めてゆくのか、その結果いつの時点で何が出来てなにが残っているのか、
そういった事を国民に伝える努力をするべきでしょう。
そして実現達成したことを一つ一つ国民に知らせ、安心感の種をまく事が大事でしょう。

国民は自分の生活に直結した不満を絶えずもっています。
その不満の一つ一つをきちんと受けとめる姿を国民の目に見えるようにすることが
政治をすすめる基本ではないでしょうか。

私は、日本の国民は素晴らしいと思っています。
ギリシャのように暴動もありません。アメリカのように1%を非難し政府に抗議しながら
ちゃっかり金融機関に再就職したりもしません。(まぁ就職した人はラッキーでしょうが)
震災で被災した人は歯を食いしばりながら生活の立て直しに努力し、笑顔を見せています。
外交では呑気でお人よしのところがあるので、いつも後手にまわる困ったところもありますが
それでも世界中でODAを行い、経済と文化の交流は確実に日本人の良い面を外国に伝えています。

戦後日本を復興させたように、私達には目標に向かう力があります。
その向かう先の未来をきちんと持ち、国民のコンセンサスを得ること。
これが大切なのではないでしょうか。

今こそ、国民が総出で日本を立て直してゆくことで、世界に日本の素晴らしい力を
知ってもらう時だと私は思っているのですが・・・。
私は、10年後震災を乗り越え、経済回復の道を歩み世界にジャパンモデルと評価される
そんな日本の姿が見えるような気がするのですが・・・。
お気楽すぎる夢でしょうか?

いいえ、日本人は豊かな世界観と行動力をもった国民です。
日本は必ず出来ると信じています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google