プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『グラン・トリノ』

お元気ですか?

もうすぐ4月だというのに肌寒い風が吹いています。
皆様の所はいかがでしょう。

映画『グラン・トリノ』を観ました。
2008年のクリント・イーストウッド監督・主演による映画です。
ダーティー・ハリーの時代から大好きだったクリント・イーストウッドは
監督業でも素晴らしい作品を作り続けていますが、この作品は主演も努め、
成功を納めています。

ストーリーは
長年フォード自動車の組立て工をしてきたコワルスキー(イーストウッド)は
妻を亡くし、頑固さ故に子供たちからも煙たがれる存在。
そんな彼が大切にしている車グラン・トリノをチンピラに脅されて隣家の男の子
タオが盗みに侵入するが逆に追い出されてしまう・・・。

この映画はマイノリティーのタオと頑固な老人との交流の映画ではない。
最高のハードボイルドだ。

社会背景も上手に描かれている。
自動車産業が廃れたデトロイト。コワルスキーの息子は日本車のセールスマンに
なっている。錆びれた街では黒人やアジア系のギャングが町を歩いている。
タオの家族もモン族というアジア系。

サブプライムローンの崩壊に端を発しリーマン・ブラザーズが倒産したのは2008年。
まさにアメリカが経済危機のまっただ中にいた時の映画。
舞台となったデトロイトと自動車産業に直接間接に携わっていた人たちは町の様子を
わが事のように感じたことだろう。

フォードの自動車グラン・トリノは決して特別な高級車ではないが、
長いフロントに大型のエンジンといったフォード=アメリカらしい車。

さて、この映画で気に入った点を2つ。
一つは、亡くなった妻に頼まれたと教会の牧師がコワルスキーを訪ねます。
しかし、若い牧師がかなう相手ではありません。
ともすれば、陳腐で煩い挿話になりそうな関係を上手に活かしているところに
作り手の上手さを感じます。

もう一つは音楽。YOUTUBE にはクリント・イーストウッドが歌っているバージョンも
あります。ご興味の在る方はぜひお聴きください。

グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ビー・バン 他

商品詳細を見る






スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google