プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『アジャストメント』

お元気ですか?

今日、二回目のUPになります。
またまた映画のお話。

今日観たのは、マット・デイモン、エミリー・ブラント出演の『アジャストメント』
2010年のアメリカ映画です。

ストーリーは
上院議員戦に出馬している若手議員のデヴィッドは在る日エリースという女性と出会い
一目惚れするが、突然現れたアジャストメント・ビューロー(運命調整局)という男たちに
拉致され、私達の生活が「運命の書」にそって調整されているという事実を知らされる。

ふぅ~ん。キリスト教的予定調和のお話なのねとさっさと顛末が分かってしまいますが、
映画はなかなかテンポよく進み、見応えはあります。

原作はフィリップ・K・ディック。
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は『ブレード・ランナー』になっていますし
『マイノリティ・レポート』や『トータルリコール』も彼の作品ですね。

娯楽作品としてはなかなか面白い映画でした。


アジャストメント [DVD]アジャストメント [DVD]
(2011/09/16)
マット・デイモン、エミリー・ブラント 他

商品詳細を見る




おまけ)

人間は想像を超えた災害や人智を超えた出来事に出会うと、それを神や天の力として受け入れる
ことで自分の許容量を守ってきました。
理解出来ないということは人間にとって恐怖や不安の元ですがこれを神に理由を求めることで、
人間が恐怖や不安に打ちひしがれて破壊されるのを防いできたのです。
多くの神話は作られた始めは神や自然への畏敬にあふれていますが、時代が進むとその神たちも
人間と同じような行為をしときは失敗や反省をします。
わかりやすい神になってゆくのです。

現代、私たちは科学の力を得たことで私達自身を傲慢な神にしてはいないでしょうか?
自らが神になることによって私たちは逃げ場を失い激しいストレスにさらされています。
適度に神と話をすることで、私達は本来の自由を得るのかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google