プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

停電

お元気ですか?

台風4号が和歌山県南部に夕方5時頃上陸し7時頃には当地に到達。雨戸を閉めていたが時々開けては外の様子を伺う。
どうも台風がやってくるとワクワクしてしまう。怪獣映画などで日本に向かう怪獣を来るぞ来るぞと緊張を高めながら待ち構えるのと同じ感覚だ。

早めの夕ごはんを済ませ、TVを見ていたら蛍光灯が不安定になる。風のうずまく音、揺れる部屋、気圧もおかしいぞと思っていたらバチッっとテレビが真っ暗に。8時15分。停電だ。パソコンがついているのはバッテリーのせいだが、ネットにはつながらなくなっている。こうゆう時にはWi-MAXが便利かも知れない。

災害時の非常用品を詰めているデイバッグを取り出し、懐中電灯をつけるが暗闇での作業。事前に準備しておかなければダメだ。
私はラジオを出してニュースを聞く。最近はPCでラジオを聞いていて便利だと喜んでいたが停電になるとこれもいけないと改めて気がつく。やっぱり小型ラジオがいい。いつも使っていた短波ラジオはシンセサイザーチューニングなのでこうゆうときには使い勝手が良くない。もう一台のダイヤル式のラジオのほうが感覚的に使いやすい。
ラジオでは交通機関の運休を知らせている。ウォークマンでFMを聞いていたパートナーさんが広域で停電だと言う。

夜の停電。TVもパソコンも電話も使えないから情報を得る術はラジオしかない。当地には防災無線もない。雨戸の外ではパトカーがサイレンを鳴らして走っているようだ。

本も読めないから、ラジオのイアホンを耳に布団で横になっていたら寝付いてしまって気がついたら11時半。まだ電気は復旧していない。トイレに立つが水を流すのは手動、とそこまでは良いのだが、実は水道の水が出ない。我が家は井戸が掘ってあり水は電動ポンプで汲み上げるようになっている。飲水はペットボトルに水素水が入って冷蔵庫にあるので問題はないが、トイレの水や洗面所、台所の蛇口からは水は出てこない。こうなってくると、電気に頼りすぎる生活を見直すことも必要かもしれない。ソーラーパネルや風力などで家庭で蓄電出来れば良いのだろうが、電気に頼りすぎる生活というのを見直す視点も大切だろうと思う。

朝、4時に目が覚めて布団の中でラジオをつけると“ラジオ深夜便”をやっている。人気の長寿番組だが私は聞いた事がない。起きだして居間に行くが、まだ電気が回復していない。停電から8時間もたつのにどうしたことだろう。もうすぐ街は起きだす。電力会社も必死だろうが私も情報が無いと困る。ふと思いついて電気料金の請求書をみつけ電話をかけてみた。フリーダイヤルだがつながり難い。
「ただ今広い範囲において停電しています」とか「電話がつながりにくくなっています。時間をあけておかけ直しください。」なんてアナウンスが流れ切れてしまう。何度かかけ直してみたら4度目ぐらいでつながり、落ち着いた男性の声で、状況を知らせてくれた。かなりの広域で停電していて復旧は進んでいるが、現在は地域の配線を見まわり断線箇所などが無いかを確認して順次送電を再開しているという。それにしても、私が子供の頃に長い停電というのは何回か経験したが、(当時はロウソクを立て手で影絵を作って遊んだけど)現代にあってこの長時間の停電はどうしたことだろう。

雨戸を開け、外の光と空気を入れ替えていたら電気がついた。6時50分。昨夜の停電から実に10時間以上たっている。
いかに私たちの日常が電気に頼っているのかを思い出させ、災害への備えの重要性を気付かさせてもらった台風であった。

パートナーさんはベランダのグリーンカーテンにと植えたゴウヤとキュウリのプランターを整理している。台風の風でせっかく育っていた葉っぱが全滅してしまった。




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

今日は v-216大変でしたね。
参考になりました。水をポンプで揚げているとのことですが、停電になると駄目なんですね。
こちらでは特に被害はありませんでしたが、東北の被災地での浸水はまたかとお気の毒でなりません。

Re: No title

相子様コメント有難うございます。
停電だけでも生活に大きな支障が出ることを我が身で体験し、災害にあわれた方々のご苦労を改めて思いました。電気のない生活は現実的ではありませんが、停電になっても大丈夫なように備えておく必要は強く感じました。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google