プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

狂った世界?

お元気ですか?

梅雨があけたと天気予報で言っています。
それでは空はカンカンに晴れセミが狂おしく鳴いているのかというとそんな事もありません。でも、空気のジメジメ感はありませんから確かに湿度は下がっているようです。
エアコンが苦手な私は、弓道の賞品でいただいたひんやりタオル(商品名です)なるものを濡らし時々腕や首を冷やしながら暑さ対策。この商品、保水された水が気化することにより涼しさを感じるというものです。だからシャツに触るとシャツが濡れます。どうも完成度の低い商品です。まぁ、いただきものですし、自室の中での使用ですからそれほど苦にはしていないのですが・・・。


夢を見ました。

私はヤクザの中堅で敵対する相手の事務所で安い応接椅子に座っています。テーブルを挟んだ向うには相手の親分がいて周りには2~3人の取り巻きがいます。
親分は私の前に半紙のような紙を出して私の方をじっと見ていますが、その紙には5名の人の名が書かれています。皆私の組のメンバーです。
どうも私はこの組と一騒動起こすようなのですが、その前に相手から闘うメンバーの提示を受けているようです。(5人というのは剣道や弓道の団体戦のイメージから来ているのでしょうか)

私はその名前の書かれた紙を目にしながら非常に苦しい気持ちでいます。

場面変わって自分の組事務所。私の前には親分がいます。そして、私は親分に闘いに5人の仲間を引き込まざるをえないことを大変申し訳なく思っていることを重い口調で侘びています。
どのような事情で相手と闘わなければならなくなったのかは分かりません。何故相手からこちらのメンバーを指名されているのかも分かりません。でも、私が闘いの責任者で5人には命の保証もなく戦場に連れて行かなければならないのです。
私は親分の前で膝をつき手をついて頭を下げています。苦しくて申し訳ない気持ちで肩を落としています。
親分は静かに「大変なことだというのが分かっているならいいよ。」と優しい目をして言います。



どうして夢を見るのでしょう。しかも実際の生活とは全く違う世界。
もちろん現実の世界を反映した夢をみる事もあります。知り合いが出て来たり弓道の試合に出かけて先生に会ったり。でも、私がヤクザで抗争に出かける?最近そんな小説は読んでいませんしましてや・・・。

フレドリック・ブラウンの『宇宙をぼくの手の上に』を読んだり、フィリップ・K・ディックの短編を読んでいます。奇想天外なお話の数々に接して私の頭の中もおかしくなってしまったのでしょうか?

でも、テレビで流れてくるニュースは耳を疑う信じられない事ばかり。私の頭の中の世界とテレビから流れてくる現実の世界とではどちらが狂っているのか分からなくなりそうです。
もしかしたら、誰かが私を狂わそうと我が家のテレビから理解困難なつくり話を流しているのでしょうか?

貴方の家のテレビはどんなニュースが流れていますか?
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google