プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『ノストラダムス 封印された預言詩』

お元気ですか?

久しぶりの本のお話です。
マリオ・レディング著『ノストラダムス 封印された予言詩』(新潮文庫)を読みました。
16世紀フランスの医者で占星術師であったノストラダムスが予見した未来について四行詩で書き、それが歴史の重大事件と非常に附合しているというのは知られた話です。
日本でも1973年から『ノストラダムスの大予言』五島勉著が出版され何冊かシリーズ化されブームになるとともに終末論が展開されたものです。

仏文に親しんでいた私も一般常識的な範囲でノストラダムスを知り、従兄弟が持っていた『大予言』を何冊か眺めましたが、私自身はノストラダムスと彼の預言には全く興味を持ちませんでした。だから、今回 BOOK OFF で『ノストラダムス 封印された予言詩』を見つけた時も、彼の預言について書かれた本ならば購入はしなかったのですが、カバーの紹介文をみると「冒険ミステリー」とあります。ならば・・・と。

ストーリーは現代フランス。フリー・ペーパーの広告にひかれてノストラダムスの失われた四行詩を買おうとしたアメリカの作家サビアの前に現れたのはジプシーの男。彼はいきなりテーブルのグラスを叩き割り自分とサビアの手を砕けた硝子にこすりつけ、その血だらけの手で自分の額に押し付けて出て行く。ジプシーは謎の暗殺者に殺され、その犯人と間違われ警察に追われるサビアはジプシーグループの助けを得てノストラダムスの詩を探す旅をしますが、暗殺者と警察に追われることに・・・。

ノストラダムス版『ダ・ヴィンチ・コード』といった作品です。失われた四行詩を求めてジプシーが信仰する聖母を訪ね歩きますし、謎の組織〈コルプス・マレフィックス〉と伯爵家に育てられた暗殺者。主人公はラングドンではなくノストラダムスについての著作もある(原作者とかぶっています)アメリカ人青年作家サビア。まぁそっくりと言っていいでしょう。
ノストラダムスをテーマに持ってきたのはなかなかいいぞと思うのですが、残念なことに作品の中にノストラダムスがほとんど出てきません。ノストラダムスの出自や語学に堪能で医学に秀で占星術も行いその両方で王家の信頼を得ていった様子などを織り交ぜながらノストラダムスの人間像を描いてあれば、失われた四行詩の意味も深みが出てきたでしょうに。代わりにジプシーの風習や歴史が数多く紹介されています。それは面白いのですが、せっかくのノストラダムスが中心に見えないため、まるでジプシーの風俗を描くのがテーマだったようにさえ感じられます。書きたい事を書いていったら話を描けなくなった感じです。残念ですね。
登場人物についても同様で、魅力的なジプシーの女性ヨーラややたら歴史に詳しいカルク警部など話を動かす人物もいるのですが、動かす事で精一杯で、もう少し人物描写が上手ければもっと話が活きてくるのにと思ってしまいます。

時々作家の話を聞いていると、作品の中で登場人物たちが勝手に動き出してくれるということをいわれる方がいます。人物のキャラクターがしっかりしていると作者の想定を超えて人物がしっくり来るように動くのですが、これはなにも魔法がかかったように登場人物がひとりでに動くわけではありません。作者が作るお話の構成と登場人物の設定が根っこのところでしっかりしているから進むべき方向、動くべき行動になっていき、作者が作品の前に想像する細かな脇道を整理してくるということでしょう。
ところが、作者が構成や人物像を意識的かそうでないかは問いませんが確りともっていないと、書くことに力がはいってしまい逆に人物が動いてくれません。作家の上手下手といってしまえばそうかも知れませんがそう云う本はよくありますね。


マリオ・レディング著『ノストラダムス 封印された予言詩』、マヤ暦をテーマにした次作もあるそうですから作者の成長に期待しましょうか?

ノストラダムス 封印された予言詩〈上〉 (新潮文庫)ノストラダムス 封印された予言詩〈上〉 (新潮文庫)
(2010/02/26)
マリオ レディング

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google