FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

夕凪の街 桜の国

お元気ですか?

映画を見ました
夕凪の街 桜の国」です

先にも観たい!って言っていた映画です・・・
2時間弱の全編を泣きながら見ました
不思議ですが、自然と涙が出てくるんです。

ストーリーも映画の構成も、役者さん達もとても良く、
全てに感謝したいと思いました
田中麗奈さん主演ということで興味をもっていたのですが、
他の役者さんみんな素晴らしかったです

原爆はもとより、全ての戦争と兵器の使用に嫌悪感を持ちます。
戦争が人間の未熟さを証明するものならば、
私たちは万難を排して争いを止め、対話によって問題の解決を図る道を
探さなければならない。

国家による侵略や排除の図式、暴力の連鎖を止めなければならない。

未だに、原爆の投下が「仕方なかった」とか「戦争を終わらせる有効な手段だった」
などという発言があるとき、強い悲しみと嘆きを思う。

人間としての慈しみや相手を思う想像力の使い方を忘れているからに違いない。
人間が反省と慙愧を繰り返しながら、
小さな微笑の中に希望と可能性を信じられることを忘れてはいけない・・・

私が子供の頃
街には傷痍軍人がいた。
祖父や母は捕虜収容所の話や攻撃機が飛び交う空の話をしてくれた。

山には、防空壕やレンガで造られた砲台があり、
そこを走り回って遊び場としていた。

そして、今も銃を持った子供達がいて
傍らに、餓死してゆく子供達がいる。

この子らは大人になることが出来るのだろうか?
大人になった彼らは、自分の子供に銃を持たせるのだろうか?

映画の中にも出てくる、被爆者への無理解は
形を変えた銃なのではないのか?

私たちは何から始めたらいいのか?
今年も夏が近づいている。

夕凪の街 桜の国夕凪の街 桜の国
(2008/03/28)
田中麗奈藤村志保

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google