プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ワーグナーで遊ぼう

お元気ですか?

南亭様のお陰で、私はワーグナーを聴き始めた頃を思い出し少しだけ幸せな時間を楽しむことができました。それを横から眺めていたパートナーさん。なにやらパソコンに向かって真剣に取り組んでいるようです。いったい何をしているのでしょう。

「ねぇ今日面白い事してあげるね。」と道場に行く準備をしている私にパートナーさんが言います。

車の助手席に乗り込むとパートナーさんは WALKMAN をカーステレオにつなぎ曲をかけ出しました。
聞こえて来たのは、ワーグナーの「ニュールンベルグのマイスタージンガー」の序曲です。
「これ誰だ?」と始まるパートナーさん。

「フルトベングラーかな。」
「じゃこれは?」
「う~ん誰だろう。クナッパーツブッシュ!」
「ほう、じゃこれは?この曲としてはちょっと珍しいけど・・・」
「え~わかんないな。」
「クリュイタンスとパリ管だよ。フランス人がドイツの曲を頑張っているでしょう。」
「なるほどね管の音が綺麗だよね。」
「じゃ次は?これは私のお薦めだよ」
「???」
「ユージン・オーマンディとフィラデルフィア!ね、いいでしょう。」
「で、これは若い頃のカラヤン。そして次がジョージ・セルとクリーブランド管弦楽団。」

なんと、私のブログを読んでいたパートナーさんは、YOUTUBE からダウンロードして久しぶりの聴き比べを楽しむことにしたようです。なるほどこうして出だしだけを聴き比べてみても指揮者・オーケストラの違いで演奏が全く違うのが分かります。若いころ、私たちは吉祥寺のクラシック専門のレコード店で何枚も聴き比べてはお気に入りのレコードを探したものでした。その思い出が蘇ります。

「で、どれがお気に入りなの?」
「やっぱりクナッパーツブッシュだね。」



「それにしても、 WALKMAN でも良い音楽は聴いていて気持ちが落ち着くね。今日は車のスピーカーだけど、アンプにつなげて聴いたらどうなんだろうね。もっとよく聞こえるのかな?」
「YOUTUBE で色々と探していると自分のオーディオを映してレコードに針を落とすところからUPしている人がいるけどあれって、オーディオを自慢したいんだね。」
「そうだね、オーディオの音を楽しむのと音楽を楽しむのは別なものだからね。僕達も聴き比べをしてアンプやスピーカーを選んだしコードだってそれ用に買い換えたけど、聴くのは音楽の中身だよね。」

レコードでばかりで音楽を聴いていると、時々この音は本当にこれでいいの?と思うことがあります。実際に生の音を聴いて耳を確かめるというか整える必要を感じるのです。私の場合コンサートに行くというのは自分の耳に生の音を再確認させる意味合いもあります。なにもフルオーケストラで無くてもいい、室内楽で無くてもいい、楽器の音を実際に自分の耳で聴くことが大事なのです。


「新しい家になったらサン=サーンスの“オルガン”や“1812年”“展覧会の絵”と“革命”をしっかり鳴らしてもご近所迷惑にならないで聴ける部屋を作ってね。」
「!!!!」
東京のマンション暮らしでは望めなかった事ですが、当地なら可能でしょう。

ご興味のある方はどんな曲なのかYOUTUBEでお聴きください。ちなみに“オルガン”をパートナーさんの好きなユージン・オーマンディでご用意しました。



実は先日坂東玉三郎の朗読を聞きに行った時に、中ホールにオルガンが設置されているのを見て、「ここではフルオーケストラの演奏は無理だからサン=サーンスの“オルガン”は演奏できないよ。せっかくのオルガンが勿体ないね。」と話していたところだったのです。大きなホールそのものを楽器と考えフルオーケストラの響きを聴きたいパートナーさん。

YOUTUBEからダウンロードしたワーグナーをWALKMANで聴きながら、私たちは大ホールの真ん中で耳をすましています。パートナーさんのお陰で小さな幸せがまた少し膨らみました。


スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメント

Secret

こんにちは。

ほんとうにリンクしていただけたのですか@@!
とても光栄なことです!
とともにこのハイソサエティにそぐわないのではないかと、
私は心配しています。
というのもご夫婦の高い趣味性とその会話を伺い、
また杣人さまのまるで教授または、
文学者のような日々を拝見するにつけ、
とても同じレベルでお話しできないと思うのです。

それにしても日本人の域をはるかに超えたライフスタイルは、
どのように身に付けられたのでしょうか。

お話しの一端では海外の経験も豊富と想像しますが、
いずれにしてもプルースト(名前だけは辛うじて)や、
多くの海外文学を読破なさり演劇にお詳しく、
クラシックも私の比ではないほど聴きこんでいらっしゃる。

しかも文章も端正で、流れるような見事さです。
いずれも私には憧れのものです。

私といえば日が暮れると焼酎を呑みながら、
大好きな競馬ゲームに熱中し、
愚妻は馬鹿番組を観ながら際限もなく食べているという有様。

いってみれば貴族と百姓の違いのようなものですね。

このような者ですので、
なるべくこのハイソサエティーを汚さないよう、
努力したいと思いますが、
非礼のことがありましたらどうかご寛容にお願いいたします。


百姓こそ

南亭さま、競馬ゲームってどういうのでしょう?パソコンで出来るのですか?
今度探してみますね。
私は子供の頃から生き物を育てるのがヘタでそれがちょっとトラウマになっています。
ですから、南亭様のように畑を耕した後の一杯がどれほど充実したものなのか
本当に心から憧れているのです。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google