プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

マスメディア幻想

お元気ですか?

花冷えとは良く言ったもので、当地このところ雨が降ったり止んだりが続いています。霖雨っというんですね。スポーツジムに行く川沿いの桜の木々もこの雨で寂しくなっています。こうして今年の桜も終わってゆくのでしょうか。

この処よくおじゃまさせていただいている、南亭雑記の南亭様がNHKの堀潤という若手アナウンサーの退職を伝えています。いくつかの記事を参考にされて書かれたとのことですが、福島原発に関連するNHKの報道姿勢に疑問を持つ堀氏が自身のツイッターなどで批判的発言を繰り返したことにより退職にいたったという事。あぁ、またかという思いがすぐ出てきますが、それにしても南亭様の要を得た記事に感心します。

以前やはりよくお邪魔しているYOUのつぶやき!(in 熱海)というブログを書かれている方が毎週末霞ヶ関で行われている反原発デモ集会を取り上げられ、10万人規模の集まりにもかかわらず当初報道機関がほとんど取り上げ無いことを伝えていました。これも報道機関の驚くような話でしたね。

私は堀アナウンサーの退職も反原発集会も南亭様やYOU様のブログを通じて知り、刺激されて少しネットを逍遥するばかりなのですが、正直さもありなんと思っています。

本来報道は国民の知る権利のもと言論・表現の自由と報道の自由によってなされなければなりません。国民は報道機関に対しては事実を伝えてくれているものと信頼して報道を受け入れます。しかし、報道機関は取材した全ての事を報道するわけではありません。報道の価値を判断し選択をして報道をします。ここに報道機関の主観・思惑が入る余地が生まれます。スポンサーのある番組ならスポンサーに都合の悪い内容は報道しないでしょう。視聴率を気にするなら報道したいものがあっても国民にとって人気のある内容を優先させて報道するかもしれません。公共放送といわれるNHKでもこの問題から逃れる事はできません。時局の中でどのようなスタンスを取るのかをいつも問われます。報道機関が社会の中にある以上完全に独立した存在であることは不可能なのです。
もっとも、NHKにはマスメディアとして政治や司法と一線を画して国民に広く事実を伝える事が求められていると考えます。国民に対して公平で誠実であることが公共放送としての最低限の義務だからです。

私は堀潤氏の主張とその表明の方法を充分に知らないのでその事でNHKの姿勢について意見を言うものではありません。報道というものは何時の時代にもその時の政府や国民の中で立ち位置を探るものだということ、だからこそ民主主義に於ける政府や国会に対するのと同様、私達は報道機関に対してもいつも注視し国民の立場で提言をしなければいけないものなのです。

実はある時期私はテレビや新聞、週刊誌などの取材をよく受けていました。私の知っている社会の実像と問題点を伝えるのですが、数字やキーワードを用意しどう話したら伝わるのかをよく考えていたものです。しかし記者には記事のイメージがあります。テレビにはシナリオがあります。私の伝えたい事の全てが報道される訳ではありません。可能な限り興味をもって貰えそうな事象や視点をお話しますが、それにしても限界があります。今思い出しても当時のもどかしさと“あの時こうゆう言葉で伝えれば良かったのかな”なんて反省が私の中に蘇ります。私は何年間かのマスコミとの付き合いを経て一切の関係を絶ちました。それは社会の動きの中で生まれる私の言葉に私自身が納得出来なくなり、一度社会と距離をおいて自分の中の言葉を考えて見たかったからなのかもしれません。

私の事はさておき、報道というのはこの取捨選択と方向性の中で決して中立でも公平でもないものです。そしてもっとも恐ろしい事は、国民が知りたいと思う事をほどよく知らせているうちは全く問題を意識される事がなく、そのうちに大切な何かが知らされないまま他の報道の中に埋もれてしまうという事です。
実際NHKのエネルギー問題の番組などは上手に問題点を並べて分かりやすく出来ていました。それで福島の原発処理が進むわけでも無いのですが、見ている方はエネルギー問題を取り上げているとNHKを信頼し安心納得してしまいます。

今日、長嶋茂雄監督と松井秀喜選手へ国民栄誉賞が送られる話題が流れていました。でもそうゆう華やいだ話題の影で報道されないものがありそれは誰かが選択しているのです。そして政府はインフレターゲットにしろ国民栄誉賞にしろ耳に気持ちの良い話を報道機関を通じて国民に与えることが出来るのです。

大切な事は、何が報道され何が報道されていないのか。そしてその間にある事情は国民にとって大切な事ではないのかという疑問を持つことでしょう。
その意味でNHKのアナウンサー堀潤氏の退職の話題は身を持って問題を提起してくれたと言えるのだと思います。
堀氏が退職して何をするのか、ジャーナリスト、報道の世界に身を置くなら今後どのような手段をもって自分の視点を世界の人々に示してくれるのか、興味のあるところです。遠くから見守ることにしましょう。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google