プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『傷だらけのカミーユ』

お元気ですか?

日本中の寒波や降雪、相撲界の得体のしれない呆れ話、核兵器使用を持ち出す大統領・・・。「とかくこの世は住みにくい」と言ったのは夏目漱石だが、今彼がテレビのニュースを見たらどんな苦い顔をするだろうか。

ピエール・ルメートルの『傷だらけのカミーユ』を読みました。原題はSACRIFICESとあるから犠牲とか生贄という意味だ。では誰が生贄になるのか・・・。
本作は『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』に続く三作目。解説によると三部作の完結編ということだが、主人公のカミーユの存在感や周りの人たちの描き方を思うとこのまま完結とするのはどうだろうかと思う。

こんなお話。
妻イレーヌを惨殺されてから5年。パリ警視庁犯罪捜査部班長で警部のカミーユは職場に復帰し最近アンヌという恋人も出来た。ところがそのアンヌがショッピングアーケードで宝石店を襲った強盗団に偶然遭遇し瀕死の怪我を負う。カミーユはアンヌとの関係を上司に秘したまま捜査を開始するのだが、それは犯人の罠に絡まれてゆく始まりに過ぎなかった。

シリーズの前二作と『死のドレスを花婿に』が展開に緊張をもって読め面白かったのですっかり虜になっていたが、本作『傷だらけのカミーユ』が出ているのは気が付かなかった。まぁ日頃本屋さんに行かなくなったのだから仕方ないのだが、だとするとこれからの時代、読者はどのようにして新刊情報を得るのだろうか。

さて、本作の面白さはどこにあるのだろうか。カミーユが一人で捜査の糸を手繰るのは助ける事の出来なかった妻イレーヌへの思いを抱いているからというのは分かる。だから犯人を目撃した恋人アンヌを守りたいと奔走する姿は痛々しい。しかし捜査が進むうちにカミーユは自分が身動き取れない状況にはまっていることを自覚している。どこかの段階で親友の警視長グエンや部下のルイに協力を求めることが出来なかったのだろうか。出来ないのが人間の業なのだろうか。

犯罪発生から事件の解決までは三日間。その短い時間をカミーユ、アンヌ、犯人とそれぞれの視点で描かれ織りなされてゆく構成は見事な緊張感をもって進んでゆく。ところどころ真実への糸口を隠しながら進んでゆくから読者は真相を伏せられたまま読み進むしかない。いつも後手に回る読者はカミーユの動きを追いかけるしかないのだ。だから読者はカミーユが自らに課した幕にも従わざるを得ない。

カミーユの描くスケッチに関する表現や宝石強盗アフネルの姿など重たい事件の中でも感じさせるものがある小説だ。しかしアンヌの姿は痛々しい。

完結と言わず、カミーユのその後も読みたくなった。

テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

『至福の味』 ミュリエル・バルベリ

お元気ですか?

関東に大雪をもたらした寒波は当地にも強い風と寒さを連れてきて、今日は朝から風が荒れています。東京の友人を心配しながら当地が風だけで済んでいることに感謝しています。

ミュルエル・バルベリの『至福の味』を読みました。年末に『優雅なハリネズミ』を興味深く読んだので彼女のデヴュー作である『至福の味』も読みたいと思ったのでした。『至福の味』はちょっと変わった本です。臨終の床にある主人公がかつて味わった「至福の味」を思い出したいと必死に自分の記憶をたどる話です。体を動かすこともできない主人公がひたすら自分の過去を振り返りながら自分にとっての魂の味を思い出そうとする姿は壮絶な観すらあり、角度を変えた言い方をすれば誰も助けに来ない地下牢で必死に救いを求めるような感覚もあります。
この『至福の味』がそうゆう恐怖にならなかったのは、彼を取り巻く人々が深い愛憎で彼を語っているからでしょう。

主人公は高名な料理評論家です。若い頃から料理の世界に身を置き評論家として生きてきた彼はその独裁者のような生き方ゆえ名声とともに多くの敵を作ってきました。そんな彼を取り巻く人たちが、彼の記憶のひだのなかから彼への思いを率直に語るのです。読者は愛人や家族、料理人やホームレスといった人たちが語る彼への思いを通じて主人公の姿を組み立ててゆきます。なかなか面白い構成と言えるでしょう。
主人公が記憶を探りながら魂の味を確認しようとする姿はプルーストの『失われた時を求めて』を思い出させますが、その対比はここでは触れないでおきましょう。それよりも主人公は肉料理、野菜料理、日本料理、パンやハム・・・と次から次へと記憶を絞り、読者はその食べ物に惹きつけられます。本書は2000年度の「最優秀料理小説賞」を受賞したそうですが、料理評論家を主人公にした小説ですから食べ物が沢山出てくるのは当たり前のことです。大切なのはその食べ物の描き方でしょう。私はこの本の作者が本に登場させた食べ物を実際に食べたのか、または、レストランに出かけたのかは知りません。でもきっと本書を書くにあたっての資料作成の際に、自分でマーケットに行って野菜を手に取ったり、レストランにある料理を写真に撮ったりして様々な想像を膨らませていったであろうことは分かります。本書は2000年にガリマールから出版されていますから名の知れたレストランのHPを見て興味を引く料理を参考にしたのかもしれません。そんなことを思っていると作者の執筆風景が私の頭の中に浮かんでくるようです。

実は私は料理の本を読むのが好きです。人類はギリシャ時代から自分たちの食べるものを文字に書き残してきました。私たちは何千年も前の食べ物を書物で読むことが出来るのです。様々な本に書かれた食べ物はその時代と時代に生きた人を生き生きとさせてくれます。

以前夏目漱石の『三四郎』を食べ物を切り口に読んでみたことを書いたことがあります。塩野七海を色々と読んでいたころに彼女の本の中に食べ物が出てこないのに気付いてすっかり興味を失ったこともあります。どうやら私は食べ物に興味を持っている人間が好きなようです。
最初に感動した食べ物に関係する本はモーパッサンの『脂肪の塊』でした。普仏戦争のプロイセン軍から逃れるため乗合馬車に乗った人々、その中に脂肪の塊と呼ばれる娼婦が持っていたバスケッの食べ物。不安と空腹の中にあって彼女がすすめてくれた煮凝りによって乗合馬車の人たちはどれほどほっとしたことでしょう。しかし一旦空腹が満たされると人々はまた偽善の顔に戻ってゆきます。私は食べ物を通じて人間の姿を浮き彫りにするモーパッサンの短編に深く感動したものでした。

さて、魂の味を思い出そうとする主人公とともに読者は自分にとっての「至福の味」を思い出そうとします。この本を読みながらそれをしようとしない読者はいないはずですし、もしそうだとしたらその読者はこの本を何も楽しんでいないのです。
私は当たり前のように同時進行的に自分の子供の頃からの食べ物の記憶を蘇らせていきました。夏のトマトやアスパラガス、塩じゃけやハタハタ、テールシチューやカレーライス。家庭で食べたものばかりではありません。家族で行った寿司屋や西洋料理のレストラン。黄金に輝くコンソメスープは確実に私を大人に近づけてくれたのです。
でも、『至福の味』を読みながら私の脳裏に浮かんでいたのは子供の頃母が作ってくれた甘いみそ味のスクランブルエッグなのです。とろとろのお粥の上に乗せた甘みそ味のスクランブルエッグは今でも私を布団の中でぐずっている子供にしてくれます。ようやく起きだして食べたお粥は忘れられないものになったのです。
もう母は作ってくれませんし、かといって私も自分で作ろうとはしません。それは記憶にあるものを作ることで記憶が変化してしまう事を恐れているのかもしれません。たとえ自分で上手に作ることが出来たとしても、それはやはり記憶にある甘みそ味のスクランブルエッグとは違うものなのでしょう。

いかがですか。皆さんの魂の味、至福の味は何でしょう。『至福の味』を読んでいただき思い出してみてはいかがでしょう。そして思い出したら私にそっと教えてくれないでしょうか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

繋がる読書 『優雅なハリネズミ』

お元気ですか?

今年も今日が大晦日。すでに大掃除も済み、パートナーさんの計らいで年末年始の食事の用意も整っています。朝は昨日ホームベーカリーで作ったお餅を食べ、お昼も簡単に済ませてさぁ出かけましょう。

ということでスターウォーズ『最後のジェダイ』を見に行きます。パートナーさんはスターウォーズシリーズはすべて映画館で見ることを信条としています。車で5分のところのショッピングモールにある映画館。ネットで座席指定して出かけるのですが、便利になりましたね。吉祥寺の映画館で並んで入ったのを懐かしく思います。
『最後のジェダイ』の感想はファンの方たちにお任せするとして、私の興味はグレー・レンズマンとの関係。スター・ウォーズがE・E・スミスの銀河パトロール隊・グレー・レンズマンにインスパイアされていることは知られています。グレー・レンズマンが大好きだった私としてはスターウォーズのどんなところにレイズマンが投影されているかを楽しみます。
もう一つの楽しみは英国のウィリアム王子とヘンリー王子がストームトルーパーの役で出演しているらしいとの話。白いヘルメットとスーツ姿のストームトルーパーならば顔を見ることはまず不可能だろうし、王子を見たいわけでもない。でも本当に出演しているのならタイトルロールに名前があるはずと最後の最後まで目を凝らしていましたが分からなかった。最初、ヘンリーやウィリアムズの名を探したり、プリンスの文字を探したり、挙句の果てはロンドンスタッフのところにあるかなと結構神経を働かせながら追うのですがとうとう見つけることはできませんでした。劇場を出ながらパートナーさんに話すと彼女も同じことをしていたんですって。
そんな呑気な大晦日を過ごしている我が家。

さて、今年一年色々なことが有った我が家ですが、読書の話をいたしましょう。
道場で知り合った中学生とそのお母さんに吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』を中学生が読むべき本で大人も一緒に読んで良い本だよと紹介したところ、なんと漫画の本で人気が出ていたそうです。漫画は読まないので意見は持ちませんが日本語で読むべき本と改めて思いました。お母さんは私との会話から早速本屋さんで買って(漫画ではありません)読んでいらっしゃるそうですが、良い本というのは何十年たっても良い本なんだと感じます。

図書館で本を借りていたら、読書サークルが講師を招いて森鴎外の『舞姫』について話を伺うというチラシを見つけたので参加してみました。講師の方は県内に住む元高校教師で教科書選定のお仕事もされてという名の知れた方のようです。そこそこお話しは面白かったのですが、文法の話や時代背景の話などあちらこちらと飛びながら話されていました。私としては読書サークルに参加するというのは初めての経験だったのですが、正直なところ一人で読んでいる方がよっぽどいいねと判断。まぁ人間というのはとかく集団を作りたがるものです。

そして、いつもお世話になっている『探偵小説三昧』さんから今年はマイクル・コナリーを紹介いただき、ゆっくりですが読み進めております。

年末が近づき、カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞したとの話題。日本生まれの作家が受賞とあってニュースでは瞬間的に報道されましたが私は映画『日の名残り』など見たことはあったのですが、本は読んでなかったので図書館で何冊か予約。ところが流石にノーベル賞作家となると図書館に予約が殺到してなかなか借りられずようやく『夜想曲集』を読みます。短編集の落ち着いた雰囲気の秀作を楽しみましたが、これ一冊で何がノーベル賞に値するのか私にはわかりません。

ところでこの『夜想曲集』に『優雅なハリネズミ』という本の広告があって興味を持ちます。「哲学、映画、音楽、絵画、文学、そして日本文化へ自由自在に言及しながら、パリの高級アパルトマンに住む人々の群像をユニークに描き上げ、今世紀フランス最大のベストセラーを記録した感動物語」と書かれています。
私が最初に興味を持ったのはハリネズミという言葉でした。実はアイザイア・バーリンという歴史哲学者の本に『ハリネズミと狐』というのがあって、その中に「知的、芸術的人間像はハリネズミ族に属していて・・・」と書かれています。どうやら欧米人にとってハリネズミは自分の文化的感性を内に秘めながらハリネズミのように棘で外敵から身を守る象徴なのでしょうか。そんな興味に引き寄せられながら私は『優雅なハリネズミ』を読み始めます。(この本の中にもマイクル・コナリーが出てきたのにはちょっとびっくりです)

フランスにはパリ万博の頃からジャポニズムと言うべき日本文化への傾倒が見られ、浮世絵や工芸品の芸術に注目された歴史があります。ゴッホが日本の浮世絵に影響を受けたことはよく知られていますね。芸術の分野以外では当時日本から缶詰の輸出がなされていますが、こうした技術の紹介が欧米に日本を知ってもらう切っ掛けにもなっていきます。
最近のことで言えば、30年ほど前から日本食を意識したヌーベル・クイジーヌという懐石料理にヒントを得たフランス料理が登場しますし、ここ数年では日本の漫画が急激な勢いで世界に広まっていますね。漫画本だけではなく日本のテレビアニメもヨーロッパのテレビで放送されています。

そんな背景を受けて日本への理解を深めてくれたのであろう作者ミュリエル・バルべりさんはパリの高級アパルトマンに住む12歳の少女に日本文化への洞察を語らせ、オズという日本人の洗練された感性をもってアパルトマンの管理人(自分の知性を隠しています)の心を開放します。日本人としては少しくすぐったいところもあるのですが、なかなか面白い本で、読者に対して悪戯っぽく問いかけている本です。
作者にはデビュー作に『至福の味』という本もあって、料理評論家を主人公にした作品なのだそうですからこちらも読んでみましょう。

今年、私は実家の本棚を整理しながらまだまだ読んでいない本の沢山あることを思い知らされました。同時に読み慣れた本を再読して遊ぶこともしています。以前夏目漱石の『三四郎』を食をテーマに読んでみたことがありましたが、同じような事を『それから』で試みてみると『三四郎』では沢山登場する食べ物や店が『それから』ではほとんど出てきません。そんな読書の仕方は改めて自由な読み方の面白さを教えてくれます。

もうあと数分で新しい年2018年を迎えます。来年はどんな年になることでしょう。私にとっては忙しい年になることは分かっているのですが、そんな中どんな人や本と出合うことが出来るのでしょうか。期待が膨らみます。

皆様にとっても来年が良い年でありますことを願いながら、今年の全てに感謝をします。
そうこうしていると除夜の鐘の音が遠くから聞こえてきました。
有難うございました。良いお年をお迎えください。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『ザ・ポエット』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

マイケル・コナリーの『ザ・ポエット』を読みました。ハリー・ボッシュシリーズを読み始め、5作目の『トランク・ミュージック』を読もうとしていたところブログ『探偵小説三昧』のsugata様からハリー・ボッシュシリーズを楽しむ為にも発表順に『ザ・ポエット』を読むようにとお勧めをいただいたのです。ブログで得たご縁ですが、sugata様には興味深い本の紹介やアドバイスをいただき本当に感謝しています。

さて、『ザ・ポエット』はこんなお話です。
主人公のジャック・マカヴォイはデンバーに住む地方紙の記者。双子の兄で刑事のショーンが自殺したとの知らせで亡くなった公園の駐車場に行くが兄が自殺したというのが信じられず調査を始める。警察官の自殺事件と未解決の殺人事件とに関連性があることを突き止めたジャックはFBIと協力しながら犯人を追い詰めようとする。

主人公ジャックの一人称の視点で書かれた本作はより心理描写を際立たせながら物語が展開する。それはジャックが亡くなった兄妹に対する悔恨の思いをもっているからで、作品を覆うその気持ちがジャックの孤独をより際立たせるのだが、この悔恨と孤独がジャックの行動の原動力になっている。これは心理的ハードボイルドの典型であろう。

FBIの女性プロファイラーや彼女の同僚で元夫との対立などそれなりに物語はあるのだが、犯人像についてはあまり深く描かれていないのはなぜだろう。どんでん返しによって明らかになる真犯人についても犯人としての姿や心の中は多く描かれていない。それによって作品の価値が下がるほどではないし作品のバランスとしてはこれでよいのかも知れないがもう一つ深みが欲しいような気もする。

そういう感想はあるものの、マイクル・コナリーがボッシュシリーズとの絡みも予感させるように書いているので、これから読む本に期待が持てる。ロサンゼルスの夜に響くコヨーテの声をハリーもジャックも聞いているのだ。

ではまた。

テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

『ラスト・コヨーテ』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

マイクル・コナリーの『ラスト・コヨーテ』を読みました。5月にいつも頼りにしている「探偵小説三昧」さんのブログで『転落の街』という作品を知り、興味を持ったのが最初で、1作目から読み始めて本作が4作目。『転落の街』を含めて5作目の本になります。

こんなお話
気性が激しく一匹狼の主人公ハリー・ボッシュはハリウッド署殺人課に席をおく刑事だが、今回も上司である警部補とトラブルをおこし休職の扱いを受けている。しかもその間にカウンセリングを受けて精神分析医の評価が出なければ復職はかなわない状態。ところがその精神科医とも棘のある応答をしてしまう。
そんなハリー・ボッシュであったが、自分の中に閉じ込めておいたやらなければならないことに取り組む決意をする。それは母親の死の真相を知ることだった。ボッシュの母親は街娼をしていてボッシュが11歳の時に殺されていたのだ。しかもいい加減な捜査により未解決事件となっている。警察官になってからも母親の死の真相に向き合うことを避けていたボッシュだが今こそ母親の事件と向き合うことが必要と調査を始めるのだったが、その結果新たな殺人を生むことに。

これまでの作品でもベトナム戦争、父親との家族関係、というボッシュの人間性を形成する重要な点と事件とを関連させてきたが今回はとうとうボッシュの母親の死の真相という大きな事件をそれも正面に据えている。4作目にしてもうなのという感じだが読者としてはこのテーマをあまり引っ張って欲しいとも思っていないので順当なところかと思う。
さて少し残念だったのは前作で恋人になっていたシルヴィアが“ボッシュを分かってしまった”という理由で去って行ったことだ。前回私は大人の恋愛としての展開に興味を持つと書いたが、なんだかさっさと裏切られてしまったようで面白くない。ジャスミンという新しい恋人が登場し彼女もまた心に傷を負った女性だ。ボッシュが傷を抱えているように恋人となる女性も過去に縛られ傷を持ちながら魅かれあう。このパターンで今後も行くのなら辛いし別れと新しい恋人の繰り返しになるのではないかと心配する。

事件はカウンセリングを受けている女性の精神分析医の働きで思わぬ方向が示され真相の解明につながる。一見ありきたりに見える真相ではあるのだが、よく考えてみると男の側でみられてきた事件が女の面も絡み合って厚みが増した真相となっている。

さて、1作目から物語はボッシュの生い立ちやベトナム戦争、ハリウッド署に配転になった殺人事件とボッシュの過去を一つ一つ解いていく作品だった。母親の死の真相を解明した今、次の5作目はどうなるのだろう。新しい恋人ジャスミンとの関係や精神分析医の女性との関わりはどう展開するのだろ。興味は続く。
次の6作目は『トランク・ミュージック』というタイトル。また図書館に借りに行こう。


テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google