プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

栽培記録

お元気ですか?

京都の帰り、うみんぴあ大飯という道の駅に立ち寄って、椎茸の栽培キットを見つけました。椎茸が大好きな私としては前々から榾木に生えた椎茸を摘んで料理をしてみたいと思っていたのですが、機会がありませんでした。
旅の途中、気持ちも開放的になっていたのでしょう、パートナーさんもすっかりその気になって「これ育ててみたら」と積極的です。

そこで一つ買い求めて家に持ち帰り。どれほど育つのか全く未知の世界ですが、パンフレットによると二回以上収穫できるようですし上手に出来ると何か月も楽しめるようです。

20170504.jpg
こちらが5月4日、買ってきた次の日の朝の椎茸です。

20170505.jpg  20170505b.jpg
そしてさらに次の日の5日の朝には傘がしっかりしてきて、夜には一人前の椎茸になっています。
お店の人の説明やパンフレットによると傘が開く前に間引いた方が良いと教えられましたが間引くどころの話ではなく、収穫と言っても良いでしょう。

そこでこの日は椎茸とソーセージをバターで炒めていただきます。なんと言ったって取れたての椎茸ですから味も濃くて美味しのは期待通りなのですが、自分で収穫して調理するという喜びがプラスされて食卓が活き活きしています。

20170506.jpg

翌日の6日、昨日収穫したのが分からないくらい大きく育っています。どこまで増えるのかわからないのですが今日も収穫して食べなければ密集の度合いがさらに進んで少し不気味なくらいです。そこで小さ目の椎茸も遠慮なく収穫し、昆布と一緒に煮てお弁当のおかずを作りました。

20170507.jpg

そして今日7日。またしても育った椎茸たちにパートナーさんも恐れをなしたのか、「もう収穫して干しシイタケにしたら」なんて言いだします。私はせっかく生の美味しい椎茸を食べられるのですからその都度収穫する方が良いと思っているのですが、それにしても量が多いのでパートナーさんの言葉に従って収穫だけは進めることにしました。

20170508.jpg

さすがに沢山取ったので少し寂しい状態ですが、この状態からどうゆう風に新しい椎茸が出てくるのか興味も沸いています。収穫した椎茸はソテーにしたり湯豆腐にしたりして椎茸三昧の食事を作ることとしましょう。

それにしてもこれでまだ一回目の収穫です。どこまで出来るのか興味津々。
今年のゴールデンウィークは潮干狩りに始まり椎茸栽培となかなか楽しいお休みでまとまったようです。

ではまた。

糖質ダイエット?

お元気ですか?

今年のゴールデンウィークは天気にも恵まれてとても快適。当地では凧揚げや山車を引いてと賑やかなお祭りが行われるのですが、ここ数年は必ずのように雨の降る日があって、子供たちがしょぼくれてお菓子を手に帰るといった光景が見られていました。今年はそんなことが無くお祭りを準備する大人たちも一安心といった感じです。

話変わって、或る方のブログを拝見していたら病気治療のためにビタミンを沢山とりながら糖質を制限する方法で体質改善(癌になりにくい、又は根治)する療法を紹介していました。その方は効果があったようです。最近よく聞く糖質制限。私は糖分の働きにも意味があると思っていますので極端な制限には疑問符なのですが、私たちの食事がどうしても糖質を多く取りがちなのは分かります。我が家の食事にしても朝はパンですし、お昼はお米のお弁当、夜はパスタともう糖質のオンパレードと言われても仕方がありません。そこにバランスを考えて野菜や肉・魚を頂くのですからこれはもう栄養過多いっても良いでしょう。
実際、去年から現在に至る期間、私の体重は少し多めなままで私の適正体重は64㎏なのですが(実際は65㎏ぐらいが丁度よい)、最近は68㎏になっていて運動量もそれほど多くないのでお腹廻りも気になっています。

朝と昼とはなかなか変えることは出来ないので、夜の食事を少し変えるこにしました。名付けておつまみダイエットです。要はパスタやお米の夕食を止めてお肉とお魚、野菜だけを食べるという夕食なのですが、これが効果抜群です。
昨日は豚ロースの焼いたのにお野菜の付け合わせ。椎茸を焼いたのと冷ややっこ。そしてワイン。今日は鶏肉を焼いて付け合わせの野菜は昨日と同じ。タラのアヒージョとやはりワイン。ワインが気になるところですが、まぁこれは我が家にとっては必需品ですし、週に二日は休肝日を設けてますのでお許しを願いましょう。
肝心なのは二日の夕食で糖質を糖質を取らなかっただけで私の体重が500g減り体がとても軽くなったこと。本当に夕食を変えたせいなのかどうかは正直なところ分かりませんが、しばらくは続けて様子をみたいと思っています。

ゴールデンウィークも明日で最後。楽しい休日のおまけが健康ダイエットだとすればとっても満足な連休になること間違いなしです。
皆様のゴールデンウイークはいかがでしたか?

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

今年のゴールデンウィークは 2

お元気ですか?

今年のゴールデンウィークは京都での弓道大会に参加する事がメインでしたが上位入賞が叶わず敗退。溢れるような観光客に驚きながら久しぶりの京都を楽しんでいます。
京都の三日目は天橋立に行くことにしましょう。以前来た時には雨で車から降りることもせずに素通りしてそのまま伊根の舟屋を回って帰って来たので、今回は期待しています。

高速道路を使って二時間ほどで天橋立に到着します。でもやはりこちらも観光客で大変な人出。高速道路も混んでいましたが天橋立に着くと一本道なので駐車場待ちの渋滞が続きます。

175301.jpg

駅に併設された観光案内所に立ち寄り歩き方を教えてもらいます。パートナーさんはお風呂屋さんの足湯に入りたかったようですが足湯は無くなっていて残念。

175302.jpg  175304.jpg

日本三文殊のひとつと言われる智恩寺さんにお参りすることにします。私ももう少し知恵のある人間になれるようお線香をあげ、お守りも買ってみます。

175303.jpg  175305.jpg

知恵の輪の石灯籠は三回くぐれば文殊様の知恵を授かると言い伝えられていますが、とてもくぐる事の出来ない高さ。輪から顔をのぞかせて写真に撮っている方が多くいらっしゃいました。
天橋立を望む海岸は護岸工事がされてお散歩コース。釣を楽しむ家族やお弁当を広げる人でのんびりした空気です。私たちもベンチに腰を下ろして珈琲を飲んでしばし休憩。展望所に登ればまた別の景色を楽しむことが出来るのでしょうが、ロープ-ウェーは30分待ちだということですし、込み合うところにわざわざ行く気にもなりませんのでこの海岸からの景色を楽しんでお仕舞。
お昼時間で混む町を離れて舞鶴・小浜方面に向かいます。実は城崎でもう一泊しても良いかなと思っていたのですが、ネットで調べた限りでは旅館が取れませんでしたので、またの機会にゆっくり訪ねることにします。
そこで舞鶴、小浜を経て高速道路に乗って帰宅することにしたのです。

舞鶴は父がシベリア抑留から帰ってきたところで、以前舞鶴引揚記念館もしっかり見させて頂いていますので通過。小浜では道の駅に立ち寄り貝をちりばめた螺鈿細工の箸が特長でしょうか、普段使いの箸を求めます。高浜では原子力発電所の恩恵で建てられた体育館やいくつかの施設を車窓から見て複雑な気持ちになります。

175402.jpg  175401.jpg

道の駅 うみんぴあ大飯では椎茸栽培の菌床を見つけたました。パートナーさんが椎茸好きの私に「買って栽培記録をアップしたら?」と積極的です。売り場の女性に育て方や、どのくらい収穫できるのとかと訊いていると他のお客さんも手に取って残りあと三つ。その一つを頂いてきました。

さぁ後は安全運転で帰りましょう。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

今年のゴールデンウィークは

お元気ですか?

五月の連休、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。
我が家では友人に教えられて何十年ぶりかで潮干狩りに挑戦しました。カレンダーで干潮の時間を確認したところちょうど29日の土曜日午後一時ごろに潮がひいているのがわかりましたので、時間を合わせてでかけます。
友人に教えられたところは車を停めるのにもちょうど良いスペースがあり、既に家族連れの姿も見えます。私たちも短パンTシャツに着替え水遊び用の靴に履き替えたり、お弁当を食べながら潮がひくのを待ちます。ところがなかには長い柄のついた貝を取る熊手(カイマキと言うらしい)を持ってどんどん深いところに入っていく人もいます。見ていると砂の中をごそごそかいてすくい上げ入っている貝を取るのです。お弁当を食べている私たちの傍で近所に住んでいる方が「大げさな道具を持ってやっていると警察に道具ごと没収されるのに・・・」と話しています。立て看板には岸から5m以内、一日一人2㎏以内になるようにと注意書きが書かれていました。
私たち初心者ですから軍手をした手を水の中に入れて、指先にあたった感触で貝を見つけます。熊手とは大違い。それでも一つ二つと獲れると嬉しくて、何処にいるかなと探すのは子供と同じ気持ちです。一時間ほどそうやって遊び、バケツの底が埋まる程度収穫してお仕舞。沢山ではありませんがアサリのほか違う貝も何種類かあります。
家に帰り、砂出しを確認しますとどの貝もとても元気。パエリアに散らしていただきました。

連休の行事第二段は京都です。
弓道の大会に参加すべく1日車を走らせて向ったところは藤の花見で有名な鳥羽水環境保全センター。ところが夕方4時にはもう閉園で見ることかなわず。次の目的地伏見稲荷神社へ。無料駐車場に車を停めて歩いて神社に向かうのですが、ものすごい観光客の数です。聞こえてくる声からタイやベトナムの方が多いように思いましたしスペイン語やフランス語も聞こえヨーロッパの方も多いようです。レンタルの着物を着るのはアジアの方が多いようですが、そのほとんどの人が歩きながら何かを食べているのです。私は子供の頃から出店でものを買うという事をしたことがありませんし、まして大判焼きや串に刺したイカや団子を歩きながら食べるという事が出来ません。ところが観光にいらした方はとても熱心に店先に目をこらしています。お店も商売ですから売るのでしょうが神社に参拝し楽しむというのとは全く違う観光のようです。

2日は私の弓道の大会で朝から会場へ。顔見知りと挨拶をしながら開会式に参加します。でも出番は午後。鴨川をお散歩し先斗町を歩き歌舞錬を覗いたりしながらお弁当を買いに高島屋さんへ。京都は祇園文化がありますから仕出し屋さんが沢山あってデパ地下には有名な料理屋さんのお弁当が沢山あります。目移りしながら選ぶのも楽しいものです。そしてもう一つのお目当てが出町ふたばの豆大福。たっぷりの餡を薄い餅が包み沢山の豆がまぶしてあって、私の大好物なのです。
お弁当の次は三条にある村山造酢さんで千鳥酢を買います。東京時代から我が家ではお酢は千鳥酢と決まっていて京都に来ると江戸時代から続くこちらのお店によって一升瓶でお酢を買うのです。定番のものをきちんと買える喜びは大切です。

そんなお散歩をして大会会場にもどると丁度良い時間。お弁当を食べ着物を着て弓を準備して会場へ。結果は予選を通過しましたが、競射で外して敗退。まだまだ練習が足りないのを反省してホテルに戻ります。
決勝まで残り上位入賞なら料亭でとパートナーさんが言ってくれていたのに・・・とちょっと残念に思いながら、錦市場に出かけます。パートナーさんは私の好物鱧を買ってホテルで反省会という計画です。
ところが、この錦市場も大変なことになっています。伏見稲荷と一緒でものすごい観光客で歩くことも店を覗くこともほぼ困難。しかもここでも観光客の皆さんは買い食いをしながら歩いています。新しく出来た観光客向けの店では床几を出して座って食べたりもしているのですが、それはそれで通行の妨げになっていてちょっと迷惑な商売。そういえば金沢の近江町市場も観光客が増えて町の人が買い物が出来なくなったという話を聞いていました。これからの観光地の有り方を考えさせられます。
そんな錦市場を考えさせられながらお目当ての魚屋さんにたどり着き、鱧の湯引き(おとしと言います)と焼き鱧を購入し、有次で包丁をちょっと見て錦市場を離れます。

ホテルに戻り一階のイタリアンで軽くビールを飲んで、部屋に戻り鱧宴会。
こうして今年の京都の第一弾を終えます。

明日は観光して帰ります。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

日本の力

お元気ですか?

花散らしの雨が降って今週は曇り空が続いています。薄着に替えたいのですが肌寒いくらいです。

昨日、ドラッグストアに寄ったらレジの近くでナビスコのリッツを100円で売っていました。普段お菓子を買うことはあまりないのですがふっと買ってみます。

アメリカのナビスコ製品を日本で販売していたのはヤマザキナビスコという会社でした。山崎製パンとニチメンという穀物商社が合弁企業を作り製造販売していたのです。それが去年の8月31日でライセンスが切れて販売を終了。ナビスコの商品はどうなるのだろうと興味を持っていました。
結果はモンデリーズ・ジャパンという会社が引き継いで販売をすることとなり、今回買ったリッツはインドネシアで作られ同じナビスコのオレオは中国で作られています。

今回その新しいリッツを買ってみた訳ですが、箱が小さくなって値段が100円というのは買い易くて良いと思います。でも中身の商品はクラッカーが少しぱさぱさしていますし焼きかたにむらがあるのでしょう、表面がでこぼこして歪んでいます。塩味が薄くなったのは時代の流れでしょうが、全体に食感が安っぽく感じられます。ちょっと悲しいと同時に日本の技術力、品質へのこだわりの強さを感じました。




杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google